釈迦ヶ岳

4回目登山
登山日 2013-03-09(土)

山梨の釈迦ヶ岳(しゃかがたけ、標高1641m)に4回目になる登山に行った。山梨県富士五湖の精進湖を通り甲府にぬける国道358号線を走り、市町村合併で旧上九一色村は現在甲府市古関と名を変えた。旧上九一色村の手前を上芦川村(ここも笛吹市芦川町に変更)方面に右折する。芦川町内の道をスズランの里を目指して走る。途中、左に釈迦ヶ岳登山道(林道)が有るので車を乗り入れる。林道を終点まで行くと少し広くなった場所があるので駐車し登山開始です。

登山道は最初は踏み跡と赤テープに従い登っていったが、途中から落葉が一杯で道が見えなくなり、赤テープも飛び飛びにある為、分かりづらかったが何とか尾根に出た。

尾根上は右に道をとり釈迦ヶ岳に向かう。左に行くと神座山である。最少少し平らな登山道だんだん木の根、石混じりの道になり、急登の岩場を30分ほど登ると山頂に着く。

山頂は4〜5人の先客がいた。快晴で富士山を初め南アルプス、八ヶ岳、瑞牆山〜大菩薩峠、三つ峠の山々が良く見えた。風もないので昼食をゆっくり摂り長居してしまった。

すずらんの里駐車場に駐車し、府駒山経由で登ってきた女性が同じ道を引き返すと言ってたので、車まで送りますから西側の私どもが登ってきた道を一緒に下りますか?と提案したら喜んでお願いします。と言うことになり(小田原の人)一緒に下山した。

天候 快晴
同行者 夫婦
行程
登山口発 10:25
尾根分岐 10:55
尾根分岐引返し 11:50
釈迦ヶ岳着 12:20〜13:40
尾根分岐 14:00
登山口着 14:20

写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
林道終点駐車場 登山道入口 凍っている道 落ち葉で登山道が分かりにくい
sl sl sl sl sl
尾根分岐 これから釈迦ヶ岳
に向かう
木根と岩の上り坂 道中より釈迦ヶ岳
を望む
鎖場の登り1
sl sl sl sl sl
鎖場の登り 岩場より間ノ岳/北岳
ズームアップ
岩場より八ヶ岳
ズームアップ
最後の岩場 釈迦ヶ岳山頂手前
sl sl sl sl sl
釈迦ヶ岳山頂 釈迦ヶ岳山頂にて 山頂より三つ峠
御坂黒岳を望む
山頂より富士山
を望む
下山道直進
右は檜峰神社へ
富士山〜南アルプス パノラマ
金峰山〜大菩薩峠 パノラマ
南アルプス パノラマ



3回目登山
登山日 2001-07-01(日)
天候 快晴
同行者 夫婦
行程 林道終点登山口より
ピストン登山
往路55分
復路35分
写真
釈迦ヶ岳山頂 富士山を望む
シモツケソウ コアジサイ

2回目登山

登山日 1999-11-00(日) 釈迦岳山頂
天候 快晴
同行者 単独登山
行程 林道終点登山口より
ピストン登山
往路50分
復路30分

1回目登山
登山日 1998-11-14(土)

富士五湖の精進湖を通る精進湖バイパスの、上九一色村手前を右に入り、スズランの里を目指して芦川村内を走ります。林道の途中左に釈迦ヶ岳登山道が有ります。林道の少し広くなった脇に駐車し登山開始です。

最初は舗装された林道を登って行き、林道終点を右に登山道に入ります。登山道は落葉の時期はわかり難いため、赤テープを確認しながら登ると良いです。尾根に出たら右に行き、少しいくと急登になります。上り切ると頂上です。頂上は余り広くないが、快晴で南アルプス、八ヶ岳、秩父山塊が見えました。

下山はドンベイ峠経由林道歩きで駐車場所まで戻った。帰りに上九の湯へ入浴。

天候 晴れ
同行者 夫婦
行程
登山口発  8:55
尾根分岐  9:40
釈迦ヶ岳 10:10〜11:10
ドンベイ峠 11:55
登山口着 12:45
登山口 釈迦ヶ岳山頂
(逆光でシルエットだけ)

山梨百名山一覧

HOME