御正体山

登山日 1997-10-11(土)

道志の山々では最高峰でしかも、山容も大きくどっしりした御正体山(みしょうたいさん、標高1682m)へ行きました。冨士五湖の1つ山中湖の東から神奈川に通じている、道志みちを東に向って走り山伏峠トンネル手前を右折し、空き地に駐車します。

登山道はトンネルの東側から入り山伏峠に登ります。尾根上を上り下りして、送電鉄塔の石割の奥岳に着く。ここからヒノキ林、ブナ林を通り直登すると中岳に着く。さらに雑木林を登って行き、前岳を過ぎて急登すると御正体山である。

山頂からの見晴しは悪い。道は全体的にはっきりしており、コースも分かり易い山である。下山で白井平に下りると、車の回収が大変なので同じ道を引き返した。2台で来て1台を、予め白井平に置くと、縦走が楽しめる。

天候 晴れ
同行者 夫婦登山
行程
山伏峠トンネル発  8:05
石割奥岳  9:05
中岳  9:40
御正体山着 10:50
御正体山発 11:20
山伏峠トンネル着 13:35
登山口着 13:00

写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
リュウノウギク トリカブト マムシグサの実 オヤマリンドウ 富士山 淡い紅葉
sl sl sl sl sl
見晴らしの悪い山頂 花名不明 ヒメジョン ノハラアザミ モミジ
sl
シュロソウ

山梨百名山一覧

HOME