御坂黒岳

登山回数 1回目登山 登山回数 2回目登山
登山日 1996-05-03(金) 登山日 2000-04-23(日)
天候 快晴 天候 くもりのち晴れ
同行者 友達と登山 同行者 夫婦登山
行程 行程
御坂登山口発 8:30 林道P発 10:30
御坂峠 10:00 新道峠 10:40
御坂黒岳着 11:10 御坂黒岳着 11:25
御坂黒岳発 12:30 御坂黒岳発 12:10
御坂登山口着 14:30 林道P着 12:55
コメント 御坂黒岳へ河口湖の上の御坂トンネルよりピストン登山をしました。 コメント 御坂黒岳へ芦川村新道峠への林道終点よりピストン登山しました。
山頂記念撮影 山頂記念撮影


登山回数 第3回目登山
登山日 2002-04-28(日) 御坂黒岳(みさかくろたけ、標高1793m)へ芦川の通称「ドンベイ峠」から登ってきました。

歩き始めて15分ぐらいのところにカタクリの群生がありました。
そこを過ぎると道も急になり、我慢して登ると約1時間で黒岳山頂に到着します。

花はカタクリの他、シロバナエンレイソウ、ミツバツツジ、スミレが咲いていました。

下山も同じ道を帰ってきました。
天候 晴れ
同行者 夫婦登山
行程
ドンベイ峠発   8:35 
御坂黒岳 9:40-10:25
ドンベイ峠着 11:10

写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
スミレ シロバナエンレイソウ 富士山と河口湖 黒岳山頂 カタクリ ミツバツツジ


登山回数 4回目登山
登山日 2002−05−04(日)
天候 晴れ
同行者 妹夫婦・弟夫婦
行程
ドンベイ峠発 10:00
御坂黒岳着 11:30
御坂黒岳発 12:30
御坂登山口着 13:30
コメント 妹夫婦・弟夫婦総勢6人で、芦川村ドンベイ峠から御坂黒岳へピストン登山をしました。
山頂記念撮影


登山回数 第5回目登山
登山日 2018−04−22(日) 御坂黒岳(みさかくろたけ、標高1793m)へ久しぶりにカタクリ鑑賞を兼ねて登ってきた。笛吹市芦川町のすずらん畑を過ぎて、林道が左に大きくカーブするところに車を駐車した。そこが黒岳への上芦川登山口である。

歩き始めて10分ぐらいのところにカタクリが咲いている。早速、写真撮影した。昔に比べるとずいぶん少なくなり群生には程遠い。

そこを過ぎると道も急登になり、見通しが悪い雑木林をて登ると、やがて御坂峠からの登山道と合流する。そこを右に行き10分ほどで黒岳に着く。山頂には誰も居なかったが、少し経つと団体さんが登ってきた。

昼食を摂り、家内は200mほど先の富士山展望台へ写真撮影に行った。私は久しぶりの山登りで、疲れて休んでいた。

下山も往路を戻った。カタクリの咲いているところでカタクリの他、スミレが咲いていた。帰り道、すずらん畑に寄った。すずらんはまだ早いが、春の野草定番であるミツバツツジ、スミレ、タンポポ、ヘビイチゴ、ボケ等が咲いていた。
天候 晴れ
同行者 夫婦登山
行程
上芦川登山口発   8:45 
カタクリ撮影 8:55-9:10
御坂峠登山道合流 10:20
御坂黒岳 10:30〜11:50
カタクリ撮影 12:30〜12:40
上芦川登山口着 12:55

御坂黒岳登山道 写真をクリックすると大きくなります
林道脇へ駐車 少し戻り登山道へ
入る
登山道 直登登山道を行き
、帰りは巻き道を
下る
急登が続く登山道 春の芽吹きを待つ
木々
一旦平になった
登山道
御坂峠登山道との
合流地を右に行く
黒岳山頂手前 黒岳山頂記念撮影 展望地から
富士山を望む
分岐を左折する。
直進はドンベイ峠
に行く

御坂黒岳花 写真をクリックすると大きくなります
カタクリ エイザンスミレ ユキザサの蕾 タチツボスミレ

すずらん畑 写真をクリックすると大きくなります
スズラン畑駐車場 マメザクラ ミツバツツジ 開店していない売店 スズランはまだ早い コブシ
タンポポ ヘビイチゴ エイザンスミレ タチツボスミレ ボケ キイチゴ

山梨百名山一覧

HOME