七面山

登山日 1997-10-25(土)

白装束、うちわ太鼓の鳴り響く七面山(しちめんざん、標高1989m)へ登りました。日蓮宗の信者がお参りに登る山である。

静岡の興津から甲府に通じている、国道52号線の身延町を過ぎて、下部町に入り右は本栖・下部、左は早川・西山温泉方面の標識が出てきたら、その信号を左折し南アルプス街道に入る。

早川沿いに車を走らせ、角瀬から左に入り、表参道登山口に向かう。終点は白糸の滝がある。周りに駐車場が少し有るが、日時により満車となることが多い。民家の手前の林道に、少しなら駐車する広場があるので、満車の場合は、こちらに停めると良い。

表参道登山口は杉林の中を、ジグザグの結構広い参詣道を登って行きます。身延山久遠寺に属する敬慎院までの丁目を表示する石は丁度50丁目のようだ。

登り初めて30分程した時、白装束、うちわ太鼓の団体に追いつきました。「南無妙法蓮華経」とお経を唱えながら、20〜30歩ぐらい行っては立ち止まります。少し休んで又、歩きはじめます。

これは追い抜かなければ、遅れてしまうと思い、脇をすり抜け早足で登りました。ところがいつまで経っても、白装束の人は抜けません。それでも我慢して登ったら、やっと先頭が見えました。

後で聞いたところ、大阪の宗教団体で1200名バスで来て、今日敬慎院に宿泊して、明日帰る様だ。

敬慎院を右に見てさらに奥へ登ります。カラマツ林、ブナ、モミ林を登ってようやく七面山の頂上に到着です。頂上は前方が少し開けた、小台地であるが、見晴は良くない。帰りは往路を戻り、敬慎院の中を見学し、登りと同じ表参道を下りました。

天候 晴れ
同行者 夫婦登山
行程
表山道登山口発  7:55 
晴雲坊 10:15
敬慎院着 10:55
敬慎院発 11:15
七面山着 12:00
七面山発 12:30
敬慎院着 13:20
敬慎院発 13:00
表参道登山道着 15:35

写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl
七面山登山口 登山道 敬慎院山門 敬慎院からの富士山
sl sl sl sl
登山道からの七面山 七面山からの富士山 七面山山頂 敬慎院一の池

山梨百名山一覧

HOME