南八ヶ岳
編笠山

登山日 1995-09-30

中央自動車道を諏訪に向って走ると、右手に八ヶ岳連峰が見えてくるが、早いうちから見えてくるのが編笠山・西ギボシ・東ギボシ・権現岳である。編笠山はその名の通り笠の形で遠方からもすぐ分かる山である。9月の下旬編笠山(あみがさやま、標高2524m)に登って来た。

自宅を朝早いうちに出発し、朝霧、精進湖バイパス、中央自動車道を通り登山口の観音平へ7時に着きました。駐車場は案外広く30台は駐車出来そうです。早速、準備し登山開始です。

登山道は駐車場からすぐ北側に入る。登山道を直進し、カラマツ林に入ると道は急登になってくる。雲海展望台を過ぎて、原生林に入ると押手川に到着する。ここを右に行くと青年小屋だが、ここは左に道をとる。最後、シャクナゲの木が多い岩のごろごろした急坂は大変でした。

頂上はごつごつした岩である。頂上からの展望は素晴らしく、特に八ヶ岳連峰を間近かに見てその迫力に感動した。
次の目標は八ヶ岳に登りたい。

天候 晴れ
同行者 夫婦登山
行程
観音平登山口発 7:15
押手川 9:15
編笠山着 10:45
編笠山発 11:50
観音平登山口着 14:15

写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
観音平駐車場 八ヶ岳案内図 押手川の由来 頂上手前の登山道 トリカブト
sl sl sl sl sl
編笠山頂上 南アルプス 八ヶ岳連峰

山梨百名山一覧

HOME