奥秩父
金峰山

1回目
登山日 1995-10-14(土)

日本百名山の金峰山(きんぷさん、標高2599m)へ大弛峠コースから登りました。富士の自宅を朝4時30分に出発し、甲府、塩山、牧丘町を通り林道川上牧丘線(山梨県ホームページより)に入り、ひたすら登山口である大弛峠を目指して車を走らせます。大弛峠へ6時40分着。準備をして登山開始。

まず手前の朝日岳を目指して歩きます。朝日岳に立つと目指す金峰山の五丈岩が目に付きます。急降下して鉄山に登り返します。その後金峰山への登りになります。

山頂は快晴で四方の山々が良く見えた。五丈岩の上まで登っている人もいた。怖そう!

帰りも同じ道を帰って来た。

天候 快晴
同行者 夫婦登山
行程
大弛峠登山口発   7:50 
朝日岳  8:50
金峰山着 10:35
金峰山発 11:50
大弛峠登山口着 14:10

写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
北アルプス 朝日岳山頂 富士山 南アルプス 八ヶ岳
sl sl sl sl
中央アルプス 瑞牆山 金峰山山頂 五丈岩



2回目
登山日 1999-10-24(日)

山梨県の金峰山が見える所に行くと、山頂の五丈岩がいつも目に付くが、この岩が「またこいよ!」と呼んでんでいるようにおもえます。前に一度大弛峠から登っているので、今回は反対側の瑞牆山荘から登りました。

自宅を朝早いうちに出発し、瑞牆山荘に6時過ぎに到着。瑞牆山荘の下側駐車場に駐車出来たが、もう少しで一杯。林道も脇に寄せて駐車で一杯。山荘前は人で一杯。この人達はほとんどが瑞牆山へ行く人たちです。

6:30登山開始。富士見平へは直登の道を行き、富士見平小屋へ7時過ぎに到着。ここも人で一杯。ここでも金峰山へ行く人は少ない。大日小屋、大日岩を過ぎだんだん登りの急な登山道になってくる。最後の千代の吹き上げは緊張しながら通過した。

山頂は人・人・人で賑わっていました。ここでも大弛峠、廻目平から登ってくる人が多く、瑞牆方面から登る人は少ない。

本日は快晴で山頂では、富士山・南アルプス・御嶽山・中央アルプス・乗鞍岳が良く見えた。

今日は少しキツイ行程なので昼食時間をたっぷり1時間取って下山した。

天候 快晴
同行者 夫婦登山
行程
瑞牆山荘  6:30
富士見平  7:15
大日小屋  8:10
大日岩  8:40
金峰山着 10:55
金峰山発 11:55
大日岩 13:15
大日小屋 13:45
富士見平 14:20
瑞牆山荘着 14:55

写真をクリックすると大きくなります

sl sl sl
中央アルプス 金峰山山頂

山梨百名山一覧

HOME