秩父
西沢渓谷


2回目トレッキング
トレッキング日 2019-10-31(木)

27年ぶりに紅葉で有名な西沢渓谷に夫婦で行った。甲府から西関東連絡道路に入り、信号もなく今までより早く行ける。土産物屋の奥の市営駐車場は、結構一杯であった。

最初は林道歩きでトイレのある分岐を右に行き、渓谷を左回りでトレッキング。二俣の吊り橋を過ぎ、大久保の滝が出るころから渓谷沿いの山道になる。下は岩盤で滑りやすく要注意である。道は少しづつ上っており、七つ釜五段の滝の手前の岩ごつごつの道を上ると、滝見橋に着く。西沢渓谷の滝の中でも一番見ごたえのある滝である。

滝見橋から道は上っており、シャクナゲの群生地は木道の階段で、渓谷終点の滝の上展望台まで続いている。展望台のベンチで昼食を摂り、紅葉の山並みを堪能してから下山した。

下山は昔の材木を運搬した、トロッコ軌道後の歩きやすい道を下る。
ここからは木々が邪魔して2〜3ヶ所を除いて展望はない。

帰りに広瀬ダムに寄り、今度来て見たい徳和渓谷の入口を下調べしたから帰途についた。

天候
同行者 夫婦
行程
西沢渓谷駐車場発   8:00
三重の滝    8:55
七ッ釜・五段の滝  10:00
滝の上展望台 10:40〜11:15
西沢渓谷駐車場着  13:00

写真をクリックすると大きくなります
市営駐車場 車止めゲー
トを抜けていく
ナレイの滝 トイレのある
分岐を右に行く
甲武信ヶ岳登山道
(近丸新道)を
右に見て直進
甲武信ヶ岳登山道
(徳ちゃん新道)を
右に見て直進
西沢渓谷には
左へ行く
二股吊り橋 吊り橋から見た
鶏冠山
鶏冠山登山道を
右に見て直進
大久保の滝
展望台
大久保の滝
三重の滝 渓谷沿いの
狭い道を行く
滑りやすい石の
道を注意して上る
左下の石はフグ岩
と呼ぶようだ
ウナギのような
細長いウナギ床
人の顔に見えると
言う人面洞
渓谷沿いの
狭い道を行く
時々このような
滑りやすい岩の
道となる
竜神の滝 恋糸の滝 鎖場の上り道 貞泉の滝
母胎淵 カエル岩 方丈橋に来ると
七ツ釜五段の滝
は近い
七つ釜五段の滝 振り返ると方丈橋
を眼下に望む
道はだんだん
上りになる
不動滝 シャクナゲ群生地
の木道の階段を
上る
この階段は意外
と長い
上りきると展望台
があり昼食を
摂った
展望台から鶏冠山
/木賊山を望む
木賊山ズームアップ 鶏冠山ズームアップ 記念撮影 下山は旧森林軌道
(トロッコ跡)
を下る
途中七ツ釜五段の
滝が木の間から
見える
歩きやすい快適
な道である
紅葉風景 大展望台は曇って
いて鶏冠山しか
見えなかった
道にトロッコ跡の
レールが見える
トロッコの由来 トロッコの
材木運搬荷姿
紅葉風景 この林道は黄葉の
木が多い
大嶽山那賀都神社
の祠
カワズ池にぶつかり
そこを左に行く
ハイキングツアー
の方が食事中
ねとり大橋が見えて
くるとゴールは近
ねとり大橋から
河原を望む
ねとり大橋から
鶏冠山を望む
林道突き当りを
右に行く
車が通れる広い
林道である
通行止めゲートを
抜け駐車場に
戻った
広瀬ダムの風景

西沢渓谷滝めぐり 動画





1回目トレッキング
トレッキング日 1992-11-08(日)

山梨の三富村にある紅葉で有名な西沢渓谷に友人夫婦と行った。富士から車での移動時間は掛かるが、渓谷歩きは比較的楽である。土産物屋の奥の駐車場に車を停め、渓谷歩き開始。

軽装の観光客と一緒に歩き始めたが、下は岩盤で滑りやすく要注意である。7つ釜5段の滝の手前に少し広い河原があったので、そこで昼食。友人がコンロを持ってきてコーヒーを沸かしてくれた。大変美味しかった。

滝を過ぎて少し登ると、昔のトロッコ跡が下山道である。

帰りは武田信玄の縁の恵林寺ERINJI official web siteより)へ寄り、帰途についた。

天候
同行者 友人夫婦・夫婦
行程
西沢渓谷駐車場発  8:30
七ッ釜・五段の滝  10:15
西沢渓谷駐車場着  12:30
恵林寺見物 13:30〜14:30 

写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
二股吊り橋 吊り橋から見た鶏冠山 遊歩道を足元に気をつけて行く 西沢渓谷
sl sl sl sl sl
竜神の滝 七つ釜五段の滝 不動の滝 トロッコ軌道跡の道 子酉橋にて