塩山
  石丸峠
  大菩薩峠


登山日 2012−06−23(土) 大菩薩峠に連なる石丸峠へ行ってきた。青梅街道から大菩薩峠登山口入口を入り、すぐ左に雲峰寺の境内を見ながら車を走らせる。道はだんだん狭くくねくね上って行く。約20分ほどで大菩薩嶺、大菩薩峠、石丸峠の登山基地である上日川峠についた。

人気の山の登山口のため駐車場は一杯である。やっと1台空きがあり駐車できた。ロッジ長兵衛と公衆トイレが建っていて大勢の登山者で賑わっている。登山準備をして登山開始した。

石丸峠へ向かう道は、そのトイレを左に見て、裏側を下っていく。ゆるく上り下りしているうちに沢に出る。水量が多く渡るのに注意して渡る。

ここから道は登りが続き、
途中で舗装された車道に出る。ここが小屋平と言うようだ。車道を横切り又、登りとなる。再び未舗装の林道に出る。

林道を右に少し行くと旧登山道は崩落が激しく通行止め。新たに250mほど先に登山道がある。いきなり急登の登山道を行くと、やがて尾根状の所で急登も一段落する。
唐松林を抜けて笹原となり、石丸峠に到着する。

峠の辺りは一面の笹原で、
明るく開けている。登山者が休んでいたので大菩薩峠への道を聞いたら、30分で峠に行けると聞いたので大菩薩峠に向かった。

いきなり笹原の急登を登り、平らになったところに熊沢山の標識がある。山と言っても登山道の途中と言う感じである。そこから暗い針葉樹林の中を通りそこを抜けて下っていくと大菩薩峠である。

山小屋介山荘の横を通り、大菩薩峠の標柱で記念撮影。大菩薩峠は人気の山らしく、大菩薩嶺から下ってくる人、上って行く人で大賑わい。今日はここまでとして下山する。

下山道は介山荘の横を下る。道は広く歩きやすく整備されている。富士見平を過ぎ、福ちゃん荘に到着。福ちゃん荘は大菩薩嶺からの道も合流しており、登山者で大賑わい。ここから道は車道と近づいたり、離れたりしながら上日川峠まで下る。

上日川峠は午後のこの時間でも、大勢の登山者、グループで賑わっている。これから登り山小屋かテントで、一泊するようである。

帰路の途中に有名な日帰り入浴「大菩薩の湯」に入浴し帰宅。市外者3時間で600円。

天候 曇り
同行者 夫婦登山
行程
上日川峠出発 11:10
小屋平(車道) 11:45
林道(未舗装道) 12:10
石丸峠 12:55〜13:05
熊沢山 13:20
大菩薩峠 13:35〜13:50
福ちゃん荘 14:25
上日川峠着 14:45

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
上日川峠駐車場 大菩薩峠登山口 石丸峠登山道入口 沢渡渉 登山道
sl sl sl sl sl
小屋平(車道横切る) 石丸峠登山口 林道に出る 林道の左に登山道 笹原の登山道
sl sl sl sl sl
遠くに団体さん 石丸峠 大菩薩峠への登山道 熊沢山 大菩薩峠山頂
sl sl sl sl sl
大菩薩嶺への登山道 賑わう大菩薩峠 上日川峠への下山道 賑わう福ちゃん荘 賑わう上日川峠

花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
キランソウ クサイチゴ クリンソウ クワガタソウ タニギキョウ
sl sl sl sl sl
チゴユリ キスミレ イチリンソウ ウマノアシガタ クサタチバナ