御坂
神座山



登山日 2013−03-30(土)

山梨県富士五湖の精進湖を通り甲府にぬける国道358号線を走り、市町村合併で旧上九一色村は現在甲府市古関と名を変えた、旧上九一色村の手前を上芦川村(ここも笛吹市芦川町に変更)方面に右折する。芦川町内の道をスズランの里を目指して走る。途中、左に釈迦ヶ岳登山道(林道)が有るので車を乗り入れる。林道を終点まで行くと少し広くなった場所があるので駐車し登山開始です。

登山道は林道終点からすぐ上に入る。最初は踏み跡と赤テープに従い登っていったが、途中から落葉が一杯で道が見えなくなり、赤テープも飛び飛びにある為、分かりづらかったが何とか尾根に出た。

尾根上は右に行くと釈迦が岳、左に行くと神座山である。今日は神座山へ登るので左に道をとる。急登の岩場を登り切ると、平らになり檜峰神社への分岐の標識がありそこを標識通りに行く。道は下りになる。

ここから3つほどピークを登り、下りして超えて行く。途中に檜峯神社へ行く道が右にあるが、神座山へはそこを直進する。

尾根分岐から1時間弱で神座山山頂に到着です。山頂はそれほど広くなく、生憎のガスで景色はダメである。軽食を摂り往路を引き返した。

花は未だ咲いていないが林道脇にアブラチャンが咲いていた。

天候 曇り
同行者 夫婦登山
行程
登山口発 8:25
尾根分岐 8:50
檜峯神社標識 9:00
檜峯神社分岐 9:25
神座山 9:40〜10:15
檜峯神社分岐 10:30
檜峯神社標識 10:50
尾根分岐 11:00
登山口着 14:20

写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
林道に入る 林道 林道終点駐車場 登山口 登山道
sl sl sl sl sl
尾根分岐を左へ 標識通り右方向に 落ち葉に埋まった道 檜峯神社分岐を直進 神座山山頂
sl sl sl sl sl
記念撮影 ガスっている景色 復路(登りきって左方向) 尾根分岐を右へ下る アブラチャン

HOME