本栖湖畔
烏帽子岳



登山日 2015-03-05(木) 富士五湖の1つである、本栖湖畔の烏帽子岳に登った。先週登ったパノラマ台の、直ぐ下に位置する山である。本栖湖畔の下部町に抜ける道を行き、本栖トンネルを抜けて直ぐ右側に4〜5台停めれる空き地がある。

登山は今抜けてきたトンネルを戻り、抜けたところを左に入る。そこが登山道入口である。道はなだらかでジグザグの歩き易い道が、山頂まで続いている。道中の景観は木々が邪魔をしていて、富士山、南アルプス、本栖湖は木の間からしか見えない。

烏帽子岳は山頂の標識も無く、三角点の標柱があるだけである。山頂からの眺望は南側が開けており、富士山が正面に見えるが、今日は快晴で無かったので、それなりの富士山の展望であった。

下山後、千円札裏の図柄を撮影した場所にて撮影をした。でも本当の撮影場所は、そこから30分山に登った所にあると看板が出ており、どちらが本当か判らない。

帰宅途中、朝霧高原、田貫湖、白糸の滝付近の桃の花・梅林、源頼朝で有名な狩宿の下馬桜(まだ蕾)、精進川(地名)のしだれ桜、日蓮正宗の総本山大石寺の芝桜を見て帰宅。
天候 晴れ
同行者 夫婦登山
行程
駐車場出発 9:05
登山口通過 9:10
烏帽子岳 10:05〜10:30
駐車場着 11:15

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
道沿いの駐車場 本栖トンネルを戻る 左へ登山口に入る 登山口を左に登る 歩き易い道を行く 狭い道を慎重に登りる
sl sl sl sl sl sl
木の間から南アルプス 木の間から本栖湖 烏帽子岳山頂 竜ヶ岳/雨ヶ岳 アブラチャン 登山口に戻った

sl sl sl
千円札裏図柄撮影場所より 千円札裏図柄 朝霧高原牛の放牧場 田貫湖畔より 白糸自然公園付近
sl sl sl sl sl
狩宿の下馬桜付近 精進川・千光寺しだれ桜 精進川・常境寺しだれ桜 柚野・農道より 大石寺芝桜