4回目
2018−12−18(火)
新聞で10月桜が咲いていると言う情報を得たので、前泊の伊東温泉から大室山の桜の里に来た。

10月桜が可憐な花を咲かせていた。今の時期桜にお目にかかれるとは思わなかった。

桜を見た後、西伊豆の岬めぐりに向かった。

真をクリックすると大きくなります
桜の里 遠笠山/矢筈山を望む 10月桜
穴の原溶岩洞穴





大室山々焼き
3回目
山焼き日 2015−02−15(日) 毎年恒例の伊豆高原・大室山山焼きが、今年は天候不良で一週間延期になった。丁度都合が良かったので初めて山焼き見物に行ってきた。

自宅を7時に出発して大室山桜の里駐車場に、9時少し前に到着した。駐車して早速リフト乗場に向かった。リフト乗場は既に大勢並んでいた。往復リフト券500円でリフトに乗り山頂へ向かった。

リフトが山頂近くに来たとき花火が打ち上げられ、それを合図にお鉢の山焼き点火がされた。向こう側の上から焼き始め、だんだん手前に移ってきた。30分ほどでお鉢のカヤは燃え切った。

リフトで下に下り駐車場で昼食を食べ、外回りの山焼き12時スタートまで待つ。11時ごろになると、車が駐車場まで数珠繋ぎになり動かない。

12時花火の合図と共に点火。円周を4分割して時間差を持って点火する。燃え始めると、あっという間に炎が豪快に山肌を駆け上がる光景を楽しんだ。約15分ほどで、黄土色だった山は黒い姿に様変わりした。春になると新しい芽が伸び始めると、山は若草色に染まっていく。

帰途は修善寺梅林によって梅の花を見てきた。木が大分古くなっており花の咲き方も今一である。
天候 晴れ
同行者 夫婦
滞在時間 9時〜13時

写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
大室山山頂お鉢焼き
sl sl sl sl sl
点火前の和太鼓 やっと梅一輪 山焼き前の大室山 12時を合図に点火 一気に燃え上がる
sl sl sl sl sl
一気に燃え広がり大量の煙 煙で太陽が隠れる 逃げまどう鹿二頭 焼け終った大室山








2回目
2013年4月4日(木)小室山つばき園から、帰宅途中に大室山の桜の里に寄った。つばき同様少し遅いが観光客もちらほらいた。あと1週間早いとまだ良かったかも・・・でもそれなりに楽しめた。

桜の里の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
sl sl sl sl sl



1回目
登山日 2013−03−05(火) 伊豆高原・大室山に行ってきた。ふもとの桜は未だ全然咲いていない。リフトに乗り山頂へ向かった。

お鉢めぐりを右まわりに歩き始めた。天気が良く360度良く見え、あと1ヶ月ほどすると桜が咲き観光客で賑わう観光名所である。
天候 晴れ
同行者 夫婦
時間 1周約20分

sl sl sl sl sl
リフト乗り場 リフト 上りの遊歩道 八ヶ岳地蔵尊 三等三角点
sl sl sl sl sl
遠笠山/矢筈山 お鉢の全貌 下りの遊歩道 五智如来地蔵尊 大室山記念撮影
sl
伊豆東海岸(左が伊東)