須走
小富士




3回目
散策日 2019−05−24(金) まぼろしの滝を見た後、4年ぶりに小富士へ行った。二軒の山荘の間を抜け、小富士への標識を右へ下る。いつ着ての気持ちよいカラ松林の小さなアップダウンを繰り返しし行く。今日は風も無く晴天で富士山がよく見え、南は河口湖、山中湖、達磨山、愛鷹連峰が展望できた。

復路は往路を引き返し時間前だが通行止は解除されていた。
天候 晴れ
同行者 単独
小富士所要時間 往復約40分ぐらい

小富士の散策写真 写真をクリックすると大きくなります
ふじあざみライン
途中のミツバツツ
2軒の山荘脇を抜けて
小富士遊歩道入口
向かう
富士山登山道(冬季
通行禁止看板)の
手前を右に入る
小富士遊歩道の標柱
の横を下る
木の根が張り出した
道を気をつけて行く
小富士に約20分
ほどで到着
山頂にある石祠 山頂から
富士山展望
富士山
ズームアップ
河口湖、御坂黒岳を
望む
富士吉田市街
三ツ峠山を望む
山中湖、杓子山
大平山を望む
山中湖、石割山
御正体山を望む
箱根・神山、駒ケ岳
を望む
愛鷹連峰を望む


2回目
散策日 2015−10−25(日) 今から13年前に一度静岡県小山町須走にある小富士へ登った。今回富士山麓の紅葉を期待し行ってきた。第2駐車場に駐車し、散策準備をして来た道を少し戻る。左に登る道があり、須走口五合目の登山口に出る。

「山荘菊屋」「東富士山荘」の横を通り道を進む。少し行くと富士山登山道の階段が正面に見え、小富士へはそこを右に下る。樹林帯の平らな歩き易い道を、20分ほど行くと小富士に出る。小富士は強風で体が飛ばされそうになった。両足で踏ん張って山頂からの景観を楽しんだ。

復路は往路を引き返した。山荘のご主人にまぼろしの滝を聞き、5月〜6月にかけて発生するので、来年来てくださいと言われた。(電話で確認してから!)

帰りに水ヶ塚の腰切塚散策(一周30分ぐらい)及び、西臼塚の紅葉を見て、写真を撮って帰宅した。
天候 晴れ
同行者 夫婦
小富士所要時間 往復約40分ぐらい

小富士の散策写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
須走口五合目第2駐
車場へは左折する
須走口五合目
車場
小富士へは駐車場
から来た道を戻り
左に入る
富士山須走口五合目
の銘板
須走口の馬頭観世音
と刻んだ石碑
sl sl sl sl sl
2軒の山荘脇を抜けて
小富士遊歩道入口
に向かう
富士山登山道(冬季通
行禁止看板)の手前を
右に入る
小富士遊歩道の標柱
の横を下る
樹林帯の歩き易い道
を行く
道は木の根が張り出し
ているので気をつけて
行く
sl sl sl sl sl
青空に映える紅葉 前方が明るくなると小
富士は近い
小富士に到着した 小富士山頂から
富士山展望
山頂の石の祠と
記念撮影
sl sl sl sl sl
富士山
ズームアップ
宝永山先端の獅子岩
が見える
左から河口湖/三つ峠
山/富士吉田の町並み
/御正体山を望む
富士五湖の一つ
山中湖が見える
遊歩道の入り口に
戻ってきた




水ヶ塚腰切塚の散策写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
広い水ヶ塚駐車場 腰切塚への入口
右に行くと腰切塚
展望台へ
腰切塚の展望台 紅葉に染まる富士山
sl sl sl sl sl
富士山
ズームアップ
宝永山
ズームアップ
二ッ塚(上塚/下塚)
ズームアップ
一周散策コースを行く ノコンギク
sl sl sl sl sl
歩き易い散策コース 標識に従い進む ふれあい広場に出た 最後のフジアザミ 駐車場に戻ってきた
西臼塚駐車場からの写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
西臼塚の紅葉 1 西臼塚の紅葉 2 西臼塚の紅葉 3 西臼塚の紅葉 4 西臼塚の紅葉 5


1回目
散策日 2002-05-12(日) 静岡県小山町須走にある小富士へ登った。須走五合目駐車場から標識に従い登ると言うより、ほぼ平らな道を行く感じで樹林の中を進むと小富士山頂に到着する。山頂には「小山町観光12選 小富士 海抜1979m 」という山頂標が立っている。駐車場に戻り西に道をとり、幻の滝を見に行った。生憎水が無く滝はありませんでした。融雪の水が一気に下り見事な滝となるようだが、なかなかタイミングが難しい。
天候 晴れ
同行者 夫婦
小富士所要時間 往復約40分ぐらい
まぼろしの滝所要時間 往復約1時間強ぐらい

小富士の散策写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
駐車場から富士山 このような道を行く 小富士山頂 小富士の景色 ヤマザクラ 幻の滝水なし

HOME