富士山麓
幕岩

登山日 2017−5−27(土) 富士山2合目付近にある幕岩に、ヤマシャクヤクを見に行った。水ケ塚駐車場を過ぎ、御胎内登山口は車が一杯でその先の空き地に駐車した。

道を渡り道は無いが林に入った。すぐに大きな砂地の沢を横切り、又、林の中に入った。道はないが林は見通しが良く、御胎内登山道まで迷うことなく合流した。御胎内は落盤の危険あり、と言うことで進入禁止である。

昼食後、幕岩を目指し登り始めた。お目当のヤマシャクヤクは未だ蕾であった。1週間ほど早いかな。幕岩へは登山道から右に急坂を下ると着く。大きな沢の元である。雨が降ると上から滝のようになるかも。

帰りは来た道を引き返す。御胎内を過ぎ、合流地点の目印を左に林に入り、道なき道を下り駐車場に戻った。帰り道、西臼塚に寄り富士山を撮影し帰途についた。

天候 晴れ
同行者 友人N氏と
行程
スカイライン脇の駐車場出発 11:10
須山御胎内登山道合流 11:30
須山御胎内 11:35〜12:10
須山下り1合5勺 12:45
幕岩 13:00〜13:10
御胎内 13:50
駐車場着 14:10
西臼塚駐車場 14:20〜14:30
自宅着

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
御胎内登山口を過ぎ
て右側に空き地があ
り駐車する。
スカイラインを横切り
林に入る。
砂地の大きな沢を
横切る。
御胎内分岐に到着。 須山口御胎内の手前
にある富士山溶岩洞
穴の一つ。
sl sl sl sl sl
須山口御胎内へは
鳥居をくぐり入るが、
落盤危険のため中へ
は入れない。
須山下り一合5勺の
分岐を直進する。
幕岩へは分岐を右に
急降下する。
幕岩は溶岩の塊。ここ
から下流に砂地の沢
が続いている。
幕岩から急坂を登り、
元の道へ出て御胎内
方面に下る。

花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
蕾のヤマシャクヤク トウゴクミツバツツジ オオカメノキ 幕岩の壁に咲くツツジ タチツボスミレ ニリンソウ
sl sl sl sl sl sl
ホソバテンナンショウ ヘビイチゴ ズダヤクシュ キケマン タンポポ シロバナヘビイチゴ

西臼塚

sl sl sl sl
雪解けの進んでいる富士山 富士山ズームアップ ホウチャクソウ ムラサキケマン





登山日
2015−10−04(日) 富士山2合目付近にある幕岩に行ってきた。幕岩は溶岩で固められた、小高い岩の塊である。富士山スカイライン沿いの、水ヶ塚駐車場に登山口がある。水ヶ塚は夏の登山シーズンに五合目までのシャトルバスの発着場である。

登山口は駐車場北側の須走口登山歩道を入る。直ぐに
御胎内への道を右に見送り、林の中を登って行く。道はだんだん狭くなり、須走り一合5勺の分岐を直進する。道は山道になり緩やかに上って、登山道らしくなってくる。やがて御殿庭下二合5勺に到着した。

ここから御殿庭入口方面の標識に従い、カラマツ林の中を行く。御殿庭入口の分岐を二ッ塚(双子山)方面に道をとる。道は砂礫となり、最後のフジアザミが咲いている。小天狗塚で軽食を摂り、下から来た登山者と登山道状況の情報交換した。

小天狗塚から、道はからまつ林の中を緩やかに下る。ガスが少し出てきて、道を見失わないよう慎重に進む。三辻分岐を右に下る。歩き易い道である。幕岩上を通り、幕岩分岐を左に急坂を下る。降り立った所が、溶岩の塊のような小高い岩山がある。ここが幕岩である。(ここでも軽食を摂る)

御殿口新五合目から来る登山者が多い。急坂を登り元の道に戻り、水ヶ塚を目指して道を下る。道が平らになり、須山御胎内に到着した。鳥居と洞穴が有るが、危険!崩落注意の看板が有るので穴の中は入らなかった。元の道に戻り、一路水ヶ塚登山口を目指した。道は平らで歩き易い。朝の道に出て、登山口へ戻ってきた。
天候 晴れ
同行者 夫婦登山
行程
水ヶ塚登山口出発 8:00
須走一合5勺 8:40
御殿庭下二合5勺 9:50〜9:55
御殿庭入口 10:10
小天狗塚 10:25〜10:35
三辻分岐 10:45
幕岩上 11:05
幕岩分岐 11:10
幕岩 11:15〜11:35
幕岩分岐 11:40
須山下り一合5勺 11:50
須山御胎内 12:15〜12:20
水ヶ塚登山口着 13:00

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
水ヶ塚駐車場。道を隔
てた反対側には大き
な駐車場、トイレがあ
る。
須山口登山歩道入口
御胎内への分岐を
直進する
道は広く歩き易い。 緑の上に青空が爽や
かである。
sl sl sl sl sl
須山上り一合5勺分岐
を直進する。
道が少し不明瞭にな
ってきて、赤テープを頼
りに登る。
道はだんだん狭く上り
になってくる。
道は草むらの中になり
、木々は少し色づいて
来た。
道は石ゴロゴロの歩き
難い急坂になる。
sl sl sl sl sl
御殿庭下に到着した。
ここには案内看板が
あり、御殿庭入口へは
分岐を右に行く。
標識に従いカラマツ林
の中を行く。
カラマツが薄く紅葉し
始めている。
道の踏み跡がはっき
りしないので、標識に
従い慎重に行く。
ここも道の踏み跡が
はっきりしないので、
標識に従い慎重に行
く。
sl sl sl sl sl
御殿庭入口である。こ
こは二ッ塚(双子山)を
目指して道を下る
道は砂礫になる。 再びカラマツ林の中
を緩やかに下って行く
大きな木が無くなり、
ガスが出ていなけれ
ば展望が良いだろう。
小天狗塚に到着した。
ここで休憩をした。ガ
スで展望はなし。
sl sl sl sl sl
再びカラマツ林に入り
緩やかに下って行く。
ガスの中に標識が見
えた。ここが三辻で
道を右に行く。
幕岩上の標識に従い
右に行く。
幕岩分岐に出た。幕
岩に行くには、ここを
左に急坂を下る。
幕岩にて記念撮影。
幕岩は溶岩の塊。
sl sl sl sl sl
幕岩から急坂を登り、
元の道へ出て水ヶ塚
を目指して下る。
須山下り一合5勺の
分岐を直進する。
須山口御胎内である。
富士山溶岩洞穴の一
つである。
須山口御胎内の解説
版。
須山口御胎内の溶岩
洞穴である。
sl sl sl sl sl
元の道に戻り水ヶ塚
を目指して行く。
杉、檜林の下の歩き
易い道を行く。
南山林道分岐を直進
する。
ここまで来ると水ヶ塚
は近い。
朝の登山道に合流し、
ここを左に行くと水ヶ
塚駐車場に到着であ
る。

花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
シロヨメナ ノイバラの実 ノアザミ フジアザミ ヤマボウシの実 マムシグサの実