愛鷹連峰
黒岳



第四回目
登山日 2019-03-24(日) 今年2回目の登山は愛鷹連峰黒岳に登った。正月のパノラマ台登山同様、息子夫婦、孫、嫁さんのご両親と山神社から登った。山神社登山口駐車場は1台分空いていたので、縦列に2台駐車した。まだシーズン前だが日曜日でもあり人気の登山道である。

登山口の鳥居をくぐり杉林の中を登って行く。直ぐに神社の祠が有りその横を通り抜ける。昨晩、雪が降り道は雪が解けて滑りやすくなっている。ガレた急登を孫をサポートし、道が緩やかになると愛鷹山荘(避難小屋)前に出る。、ここから道の雪は少し厚くなり、雑木林のジグザグ道を踏ん張って登ると、5分ほどで越前岳と黒岳分岐の富士見峠に到着する。

富士見峠を右に行き、木の根が張り出した滑りやすい急登を登ると展望広場に出る。道は緩やかに下り緩やかに登ると山頂に到着する。

富士山は雲に隠れたり、時々顔を出している。昼食を食べ、登りよりさらに慎重に下山した。孫たちが良く頑張った山行きであった。
天候 晴れ
同行者   息子夫婦、孫、     
嫁さんのご両親
行程
山神社登山口発 09:30
愛鷹避難小屋 10:40
富士見峠 10:45
黒岳山頂 11:20〜12:40
富士見峠 13:10
山神社登山口着 14:25

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります  
山神社登山口
駐車場
登山口鳥居前にて
これから出発
道は歩きやすい 道は少し狭くなり勾配もだんだんきつくなる ガレた道を子どもたち
は頑張って登る
雪混じりのガレた道
を滑らないように
慎重に登る
愛鷹山荘を過ぎて
富士見峠の手前
の急登を登る
富士見峠の到着。
ここを右に行く
峠から直登の急坂を
登るが、雪で滑りや
すいので慎重に登る
山頂から富士山を
望むが生憎雲が
かかっている
山頂標識前で
記念撮影
富士山をバックに
記念撮影
孫たちは雪だるまを
作って大はしゃぎ
あせびの花 下山は気をつけて
下ろう
ミツマタの花 孫たちも元気に
下山
子どもは足が速く先
に着いて待っている





第三回目
登山日 2017-05-21(日) 昨年同様同じコースで、愛鷹連峰の黒岳に登って来た。山神社登山口駐車場は、すでに一杯で林道脇に駐車した。シーズンの日曜日で予想はしていた。

登山口の鳥居をくぐり杉林の中を登って行く。直ぐに神社の祠が有りその横を通り抜ける。ガレた急登を過ぎ、道が緩やかになると愛鷹山荘(避難小屋)前に出る。、ここから道は雑木林のジグザグ道で、5分ほど登ると越前岳と黒岳分岐の富士見峠に到着する。

富士見峠を右に行き、木の根の張り出した急登を登ると展望広場に出る。道は緩やかに下り緩やかに登ると山頂に到着する。

昼食を食べ、今の時期に咲いているヤマシャクヤクを見て下山した。駐車場は相変わらず混んでいた。十里木から登った2人連を、十里木駐車場まで乗せてきた。山神社から歩くと相当大変なので大変喜ばれた。
天候 晴れ
同行者 夫婦
行程
山神社登山口発  10:10
愛鷹避難小屋  10:50
富士見峠  11:00
黒岳山頂 11:35〜12:10
富士見峠 12:40
山神社登山口着 13:10

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります  
sl sl sl sl sl
山神社登山口鳥居を
くぐり登り始める
愛鷹登山道案内 ガレた道を登る 愛鷹避難小屋に
到着した
富士見峠に到着しここ
を右に道を取る
sl sl sl sl sl
木の根が張り出した
急坂を登る
黒岳山頂標識 黒岳山頂から
富士山展望
展望広場で親子連れが
休んでいた。5歳ぐらい
の男の子よく頑張った
登山口に戻ってきたが
車は相変わらず混んで
いる

花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
ヘビイチゴ フタリシズカ タチツボスミレ ホソバ
テンナンショウ
タニギキョウ クワガタソウ
sl sl sl sl sl sl
ユキモチソウ クルマムグラ ヤマシャクヤク1 ヤマシャクヤク2 ヤマシャクヤク3 ヤマシャクヤク4




第二回目
登山日 2016-05-08(日) 昨年と同じ時期に同じコースで、愛鷹連峰の黒岳に登って来た。当日の天候も良く、山神社登山口へ向かった。5月連休の最後の日曜日で、駐車場の空き具合が心配していたが、やはり満杯であった。登山口林道脇に寄せ駐車した。

今日は山の経験の少ない妹夫婦のため、ゆっくり時間をかけて登る予定。登山口の鳥居をくぐり杉林の中を登って行く。直ぐに神社の祠が有りその横を通り抜ける。しばらく行くと道ガレた急登なる。休みながら登ると、道は巻き道になり勾配も緩やかになる。

愛鷹山荘(避難小屋)前に出て、ここから道は雑木林のジグザグ道で、少し登ると越前岳と黒岳分岐の富士見峠に到着する。

黒岳には道を右に取る。道は最初平だが直ぐに木の根が出た急登となる。休みながら我慢して登ると、道は緩やかになり富士山展望地に出る。

富士山展望地から道は少し下り気味になり、黒岳山頂の標識を右方向に進み、少し下がり登り返すと山頂である。山頂はなだらかで広い。ここからも富士山が良く見える。

昼食はクッカーでお湯を沸かし、カップラーメンを食べた。インスタントでも山で食べると美味しい。帰りは往路をピストン下山した。

花は春の花が昨年と同じように咲いていた。今回もヤマシャクヤクの咲いている所で写真撮影した。
天候 晴れ
同行者 夫婦、妹夫婦
行程
山神社登山口発 10:20
愛鷹避難小屋 11:15
富士見峠 11:25
黒岳山頂 12:10〜13:30
富士見峠 13:50
山神社登山口着 14:45

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
 
sl sl sl sl sl
山神社登山口鳥居を
くぐり登りる
杉林を登る 新緑が綺麗である 愛鷹避難小屋に到着した 富士見峠に到着し
ここを右に道を取る
sl sl sl sl sl
峠からは歩き易い
平らな道である
平らな道は直ぐ終わり
急登が始まる
黒岳山頂から富士山展望 山頂にて記念撮影 登山口に戻ってきたが
車は大分空いてきた

花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
クワガタソウ キランソウ ムラサキケマン タチツボスミレ ギンリョウソウ
sl sl sl sl sl
フタリシズカ エンレイソウ ユキモチソウ(先端折れ) ヤマシャクヤク1 ヤマシャクヤク2
sl sl sl sl
ヤマショクヤク3 オニタビラコ ツクバネソウ ホソバテンナンショウ



第一回目
登山日 2015-05-15(金) 友人N氏に誘われ静岡県十里木高原にそびえている、愛鷹連峰の黒岳に登って来た。当日の天候が良かったので、越前岳登山口駐車場に9時に待ち合わせ、山神社登山口へ移動した。駐車場には既に5〜6台駐車している。

登山口の鳥居をくぐり薄暗い登山道に入ると、直ぐに神社の祠が有りその横を通り抜け登って行く。道は結構の急登で、しばらくすると愛鷹山荘(避難小屋)前に出る。ここから道は雑木林のジグザグ道で、少し登ると越前岳と黒岳分岐の富士見峠に到着する。

黒岳には道を右に取る。道は木の根が出た急登となるが、我慢して登ると、道は緩やかになり富士山展望地に出る。今日の富士山は笠雲が少し崩れた形である。明日は雨だろう。

富士山展望地から道は少し下り気味になり、黒岳山頂の標識を右方向に進み、少し下がり登り返すと山頂である。山頂はなだらかで広い。ここからも富士山が良く見える。

軽食を摂った後、往路をピストン下山した。下山途中16名の女性ばかりの団体に会った。ガイド(男性)2名がついて黒岳に登ると言っていた。沖縄から来て昨日、伊豆の天城山縦走して今日は富士山を見に来たとのこと。

山神社で無事下山のお参りを済ませ帰途に着いた。途中、ヤマシャクヤクの咲いている場所に寄り、写真を撮り帰宅した。
天候 晴れ
同行者 友人
行程
山神社登山口発  9:00
愛鷹避難小屋  9:40
富士見峠  9:50
富士山展望地 10:10〜10:15
黒岳山頂 10:25〜10:50
富士見峠 11:15
山神社登山口着 11:55

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
山神社登山口駐車場 登山口(山神社入口) 山神社の祠 結構厳しい登山道 愛鷹避難小屋
sl sl sl sl sl
富士見峠を右へ 富士山展望地へ左折 富士山展望地 山頂は標識を右へ なだらかな黒岳山頂
sl sl sl sl sl
記念撮影 新緑が青空に映える 富士見峠を左へ下山 団体さんとすれ違う 登山口に戻ってきた

花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
ヤマツツジ フタリシズカ タチツボスミレ ギンリョウソウ テンナンショウ
sl sl sl sl sl
タニギキョウ クワガタソウ ヤマシャクヤク