2回目
登山日 2016-10-20(木) 今日は久しぶりに温泉を堪能するため、伊東温泉へ行った。途中、軽くハイキングをして伊東に入る予定である。伊豆の西伊豆スカイライン沿線上にある達磨山、伽藍山を目指した。西伊豆スカイラインへは沼津から西浦海岸を山道に入り戸田峠に行った。そこから西伊豆スカイラインを走り戸田駐車場に駐車した。

達磨山へは15分ほどで山頂に到着した。富士山は雲が掛かっていて見えない。食事をして下山した。車を少し船原峠寄りに移動し、笹原駐車場(ここは宗教法人平和寺本山の入口)に停める。

ここから少し車道を戻り伽藍山の標識を山道に入った。道は緩やかに登ってから緩やかに下り、一旦車道に出る。車道を船原峠寄りにしばらく歩くと、車道の脇に伽藍山の標識が有った。伽藍山はスカイライン上にあり、車で来れるところだった。ここから車まで車道を戻り、伊東温泉に向かった。
天候 晴れ
同行者 夫婦
行程
戸田駐車場発 11:45
達磨山 12:00〜12:15
戸田駐車場着 12:25
笹原駐車場発 12:35
伽藍山着 13:00
笹原駐車場着 13:25

ハイキング道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
戸田駐車場に駐車
する。横に達磨山へ
の登る道がある。
笹の中を登る。 ならだかな歩き易い
道である。
達磨山山頂。先客が
いた。
下る道からスカイライ
ンの道が良く見える。
sl sl sl sl sl
戸田港をスームアップ
笹原駐車場に車を移動
する。
スカイラインの車道を
少し戻り伽藍山標識を
入る。
古稀山を通過する。 笹の中の歩き易い道
を進む。
sl sl sl sl sl
スカイライン車道に出
て右に行く。
車道を少し行くと道の
脇に伽藍山の標識が
ある。
伽藍山標識にて記念
撮影。まさか車道沿い
が伽藍山とは思わなか
った。
スカイライン車道を
笹原駐車場まで戻る
笹原駐車場から達磨
山の左に富士山が少
し見えた。

花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
シロヨメナ ツルリンドウ マムシグサの実 イヌツゲの実 ガマズミの実 マユミの実



第1回目
登山日 2011-12-17(土) 今日は雲一つ無い快晴。冬の陽だまりハイクに伊豆の達磨山へ行ってきた。

だるま山高原レストハウス駐車場からハイキング開始。自動車道路を出て少し歩くと右に達磨山・戸田峠への標識がある。そこを入り、歩きやすいなだらかな道を行く。戸田峠への分岐を左に見て登る。金冠山の手前の階段状の急登を登りきると金冠山の頂上である。頂上からの景観は素晴らしい。駿河湾から富士山が一望出来る。

達磨山へは来た道を戻り舗装道路と交差したところを、右折し舗装道路を道なりに下る。少し行くと自動車道路が交差している戸田峠に出る。ここの駐車場の右端から達磨山への道がある。

道はなだらかな登りから、小達磨山に近づくにつれ急な階段状の道となる。駿河湾、南アルプス、富士山、清水、富士、沼津の町を右に見ながら登りきると小達磨山頂上である。頂上は見晴らしの良くない道のピークにあり、標識が有るだけ。

達磨山へは階段状の道を下り、平らになる頃一旦西伊豆スカイラインの車道を歩き、少しして左にカーブしている所を右の登山道に入る。

ここは景色が良く車を止めて富士山を撮影している人が居る。ここから階段状の急な道が頂上まで続く。頂上は見晴らしが良く大勢の人で賑わっていた。快晴の伊豆でも頂上は風が冷たかった。

帰りは戸田峠まで往路を戻り、戸田峠からは車道を下り駐車場に戻った。

帰路は戸田に行き、新鮮な海鮮料理を食べ西海岸線を帰って来た。
天候 晴れ
同行者 夫婦登山
行程
だるま山
高原レストハウス出発
9:05
金冠山 9:45
戸田峠 10:00
小達磨山 10:30
達磨山 11:00-11:20
小達磨山 11:45
戸田峠 12:00
だるま山
高原レストハウス着
12:20

写真をクリックすると大きくなります
富士山/愛鷹山/丹沢山系 南アルプス/富士山
sl sl sl sl sl
だるま山高原レストハウス 金冠山/戸田峠登山口 金冠山 戸田峠への交差点を直進 金冠山頂上
sl sl sl sl sl
頂上からの富士山 戸田峠 小達磨山/達磨山登山口 小達磨山 達磨山
sl sl sl sl sl
達磨山登山口 達磨山頂上手前 達磨山頂上 戸田港 マユミの実