安倍川源流
真富士山

登山日 2001-05-01(日)

静岡から県道29号線を梅が島方面に車を走らせ、平野の部落に来ると右に山が見えてくる。真富士山で昔から人気のある山である。大河内農協を過ぎて、「にしむら」(田舎料理)の看板を右に上がる。平野村道を上って行くと、第1、第2、第3登山道と出てくるが、第3登山道に駐車する。

駐車場は村道の少し広くなったところに寄せて駐車する。

まず第一真富士山を目指す。薄暗い樹林帯の中を登って行く。分岐点の老平を右に行く。尾根に出て右に行くと真富士神社。一応お参りして行く。戻って真っ直ぐ行くと、第一真富士山に到着。

頂上は東が開け大きな岩があり山頂らしい。尾根を北へ向って下ると、真富士峠にでる。第二真富士山へは、ヤセ尾根にある大岩を巻くが、丸太やロープで安全に登れる。花は白いイワカガミが咲いていた。第二真富士山を登頂したら、同じ道を真富士峠まで戻る。

ここを右にとり老平分岐点に下る。分岐点からは往路を登山口まで戻る。

天候 晴れ
同行者 夫婦登山
行程
第三登山口発  8:50 
老平  9:35
尾根  10:15
第一真富士山着  10:30
第二真富士山着  11:00
第二真富士山発  11:50
老平  12:30
第三登山口着  13:10

真富士山登山口 ヤマイワカガミ
真富士山山頂 観世音菩薩像