宝永山


登山日
2015−10−06(火) 九州の知人T氏が来富士して、一緒に宝永山に登った。私どもも地元だが、宝永山は初めてである。遠くから来たので天候を心配したが、絶好の登山日和となった。富士宮口新五合目は夏の登山シーズンも終わり、駐車場は空いていた。

登山口の階段から登り始めた。砂礫の緩やかな道を登り、新六合目を目指した。新六合目の山小屋前を通り抜け、宝永第一火口縁に向かった。付近の山肌は紅葉が少し始まっている。宝永第一火口縁から岩盤の道を少し下り、下りたところが宝永第一火口である。ベンチがあり休憩に良い所である。

ここから道は坂道の砂礫になり、滑って歩きにくい。我慢して1時間弱登ったところに、ショートカットの道がある。ここを右に入り少し行くと尾根に出た。尾根を右に行くと直ぐ、宝永山山頂に到着した。

山頂から南は雲が一面にあり下は見えない。富士山は青空の中、綺麗に山頂まで見える。展望を満喫した後、下山は宝永山馬の背まで行き、そこを左に下った。下りは砂礫で足がずるずる滑り、上りの半分強の時間で下れる。宝永第一火口のベンチで昼食を摂った。小学生の団体が来たが、宝永第一火口までの様だ。小学生の団体では宝永山は少し無理かもしれない。

昼食後、往路を戻った。その後、田貫湖の「休暇村富士」に日帰り入浴に行ったが、本日は定休日。次に朝霧温泉「風の湯」へ、ここも定休日。ここまで来たついでに「白糸の滝」を観光をして、最後に「富士山天母の湯」に行き入浴できた。風呂好きのT氏に面目が立ちました。
天候 晴れ
同行者 夫婦・知人
行程
新五合目登山口出発 8:30
新六合目山小屋
8:50
宝永第一火口縁 9:00
宝永第一火口 9:10
ショートカット分岐 10:00
宝永山山頂 10:15〜10:35
宝永第一火口 11:15〜11:40
宝永第一火口縁 11:50
新五合目登山口着 12:20

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
登山は階段から始ま
る。青い空と紅葉の始
まりが素晴らしい。
眼下に富士宮の街が
見える。
砂礫の歩き易い道を
登る。
左手は山頂に向かっ
て山肌が延びている。
新六合目の山小屋に
到着した。
sl sl sl sl sl
砂礫の歩き易い道を、
宝永第一火口縁へ向
かう。
草の葉が紅葉し始め
ている。
赤く色づいたコケモモ
の実。
ハイマツでなく背の低
いカラマツだそうだ。
薄く紅葉が始まってい
る。
sl sl sl sl sl
宝永第一火口縁へ到
着した。ここを左に下
がる。
岩盤の狭い道を下る。 宝永第一火口が見え
登山道がはっきり分る
終わりかけのフジアザ
ミ。
宝永山がガスの間か
ら顔を覗かせた。
sl sl sl sl sl
宝永第一火口の標識
がある。
ここから道は砂礫の上
りになる。
左手に宝永第一火口
を見ながら登る。
青空に向かって火口
が延びている。
振り返ると歩き難い道
を登る登山者。
sl sl sl sl sl
延々と続きそうな砂礫
の登山道。
稜線までまだまだと思
っていたら、ショートカ
ットの道がありました。
ここを右に入る。
道は相変わらず砂礫
だが、勾配が少し緩く
なり歩き易くなった。
稜線に出て、目指す宝
永山山頂に到着した。
宝永山から見た迫力
ある富士山。
sl sl sl sl sl
宝永山にて記念撮影。 山頂から南方面の展
望は、雲海で何も見
えない。
下山は宝永山馬の背
経由で下る。
宝永山馬の背へは、
富士山に向かって尾
根道を歩く。
宝永山馬の背の標識
を左に下る。
sl sl sl sl sl
砂礫の道をずるずる滑
るように下る。
時々上を見て、落石に
注意しながら下る。
宝永第一火口で昼食
を摂っていたら、小学
生が登って来た。
宝永第一火口縁を右
に行き、往路を戻った
宝永第一火口縁から
見た宝永山。
sl sl sl sl sl
ガスが出てきた。富士
山は直ぐガスが出たり
、青空になったり天候
がめまぐるしく変わる。
新六合目山小屋へ戻
った。この山小屋(宝
永山荘)は10月下旬
まで営業するようだ。
宝永山荘横の夏山富
士山登山道は、閉鎖さ
れている。
登山口階段の上で、
無事帰ってきたT氏の
Vサインの姿。
登山口に戻ってきた。
駐車場は一杯である。

白糸の滝観光

音止めの滝(虹が出ている) 白糸の滝