富士山麓
二ッ塚



トレッキング日 2015−10−18(日) 富士山の二ッ塚(双子山)へトレッキングに行ってきた。自宅から1時間ほどで御殿場口新五合目に到着した。駐車場は日曜日にもかかわらず、紅葉に少し早いので意外と空いていた。

登山口は鳥居をくぐり、砂礫の登り坂を行く。少し行くと大石小屋に着く。夏山シーズンが終わり、小屋は閉まっている。小屋の先の分岐を、二ッ塚へは左に道を取る。ガスが出てきてロープを頼りに登って行く。道が平らになると二ッ塚下塚の分岐に出る。ここを左に入り広い砂礫の道を登って行くと、鳥居と石碑が奉られている山頂に着く。山頂からの展望は素晴らしく、南側は雲の合間に山々が見える。北は宝永山、富士山の眺望が素晴らしい。

その後、二ッ塚上塚を目指し一度下まで下りて登り返す。道は結構の急登で、しかも砂礫であり登りにくかった。上塚は山頂標識はないが、目の前に宝永山の迫力ある姿が見えた。ここで軽い食事を済ませ、下山にかかった。下山は上から四辻分岐の標識が見えたので、道はないが歩けるので直線的に下った。

四辻分岐を左に下り、カラマツ林を抜け幕岩下分岐に出た。ここは三辻からの道と合流している。分岐を直進すると、直ぐに幕岩分岐に出る。幕岩には分岐を左に、急坂を下ると到着する。幕岩は溶岩の塊である。

御殿場口新五合目の駐車場に戻るには、幕岩から南に下り林の中に入る。道はほとんど平で、落葉を踏みしめ紅葉が始まっている中を気持ちよく歩く。1時間弱で林を抜け、砂礫の道になる。ここまで来ると遠くに駐車場が見えてくる。駐車場ほぼ満車であった。
天候 晴れ
同行者 夫婦
行程
御殿場口新五合目出発 8:40
大石茶屋 8:55
二ッ塚下塚分岐 9:35
二ッ塚下塚 9:45〜10:00
二ッ塚上塚 10:30〜10:45
四辻 10:55
幕岩 11:20〜11:25
御殿場口新五合目到着 12:25

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
御殿場口新五合目駐
車場。
登山口鳥居を潜りトレ
ッキングを開始する。
夏山登山終了の通行
止看板が設置されて
いる。
富士山正面にを見な
がら登る。
「百年の計 富士山に
緑を返そう運動」の看
板が、所々に立ってい
る。
sl sl sl sl sl
夏山シーズンが終わり
、閉まっている大石小
屋。
小屋の先の富士登山
道分岐を左へ道をとる
富士山の天候はガス
が直ぐ出たり、晴れた
りめまぐるしく変わる。
ガスの中を砂礫の歩
き難い道を登る。
直ぐにガスが晴れて
宝永山と富士山の展
望が素晴らしい。
道は少し平らになり二
ッ塚分岐は近い。
sl sl sl sl sl
二ッ塚分岐である。こ
こを左に行き、二ッ塚
下塚を目指す。
道は山頂までだらだ
らの登り坂である。
二ッ塚下塚山頂には
鳥居と始祖と刻まれた
石碑がある。
二ッ塚下塚山頂の石
標柱。
二ッ塚下塚山頂から
愛鷹連峰のズームア
ップ。
sl sl sl sl sl
二ッ塚下塚から二ッ
塚上塚に向かう道。
登山道途中に咲いて
いるフジアザミ。
二ッ塚上塚への登り。 山頂標識もない二ッ
塚上塚の山頂。
宝永山のズームアッ
プ。
sl sl sl sl sl
富士山のズームアップ
二ッ塚下塚のズーム
アップ。
金時山のズームアップ
箱根芦ノ湖を望む。 二ッ塚上塚山頂にて
記念撮影。
sl sl sl sl sl
四辻分岐を左に下る。 道は歩き易い。 カラマツ林が少し紅葉
し始めている。
幕岩上を右に行く。 幕岩分岐を左に下り、
幕岩に行く。
sl sl sl sl sl
溶岩の塊の幕岩であ
る。
御殿場口五合目駐車
場へは幕岩から南に
下る。
シロヨメナ 道は林の中に入る。 紅葉が始まった歩き
易い道を行く。
sl sl sl sl sl
水のない沢を木橋で
渡る。
リュウノウギク 落葉を踏みしめなが
ら、歩き易い道を行く。
紅葉に囲まれさらに行
く。
標識も不要なくらい
広く分りやすい道であ
る。
sl sl sl sl sl
青空に紅葉が映える。 明るくなってくると駐車
場は近い。
マムシグサの実 道は砂礫になり、遠く
に駐車場が見えてくる
駐車場に帰ってきた。