朝霧高原
東海自然歩道


登山日 2016‐05‐02(月) 5月のゴールデンウィークは、日本全国道路は大渋滞である。この時期は渋滞に影響されない近場へ行くに限る。静岡県富士宮市の北部、朝霧高原の毛無山麓にある東海自然歩道に、春の野花と景色を散策した。

毛無山登山者駐車場に駐車し、「ふもとっぱら」のキャンプ場を横切らして頂き、東海自然歩道に入る。道端には春の野花が咲いている。途中右手に牛の放牧、パラグライダーの練習場を見ながら進む。

東屋の分岐を左に行き、雨ヶ岳の山麓沿いに進む。二俣分岐を左に行き、標識に従っていくと根原つり橋に着く。一度に5人以上で渡らないでの看板がある。渡ってみると一人でも結構揺れる。吊橋から少し行くとA貯水池に着いた。

ここで昼食を済ませ往路を戻ったが、直ぐに二俣を左に行き(右から来た)少しショートカットをして時間を稼いだ。分岐を水のない川原底を歩き、朝来た道に合流した。そこからは往路を引き返した。
天候 晴れ
同行者 夫婦登山
行程
毛無山登山者駐車場発 9:45
東海自然歩道に入る 10:10
東屋(分岐点) 11:10
A沢貯水池分岐 11:45
根原つり橋 12:15
A沢貯水池 12:30
東屋(分岐点) 13:55
毛無山登山者駐車場着 14:40

自然歩道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
毛無山登山者駐車場
に車を停める
駐車場から「ふもとっ
ぱら」キャンプ場を横
切らせて頂き、東海自
然歩道まで行く
キャンプ場の風景と山
にはパラグライダーの
飛立つ台及びパラグ
ライダーが飛んでい
るし、子供が凧を揚げ
ている
東海自然歩道に入る A沢貯水池への標識
sl sl sl sl sl
A沢貯水池への標識 ヒノキ林の中を行く 放牧された牛 東屋分岐を左に行く パラグライダーの
練習風景
sl sl sl sl sl
標識を右に曲がる 分岐を左に行く 整備された道を行く 標識に従い行く
sl sl sl sl sl
根原つり橋、一度に5
人以上で渡らないでの
看板あり
一人で渡っても結構
ゆれる
つり橋を渡り終えて右
に行く
ヒノキ林の中を行く 林を抜けて明るくなる
とA貯水池は近い
sl sl sl sl sl
本日の目的地A貯水
池へ到着した
竜ヶ岳が奥に見える
復路はヒノキ林の手前
の分岐を左に行く
水のない川原を行く 朝の東屋を右に行き
往路を戻る
パラグライダーもそろそ
ろ降りてくる時間である

花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
ムラサキケマン ヒメオドリコソウ タンポポ トキワハゼ ニリンソウ
sl sl sl sl sl
ヤエザクラ クサボケ ヘビイチゴ ワタゲ ミヤマキケマン
sl sl sl sl sl
スミレ キランソウ エンレイソウ アケビ 咲き始めのフタリシズカ
sl sl sl sl sl
ナツトウダイ ミツバツツジ フモトスミレ ヤマエンゴグサ ホトケノザ
sl sl sl
ヤマブキソウ ハシリドコロ タチツボスミレ