蓼科
蓼科山


2回目登山
登山日 2014−07−13(日)

長野県の蓼科山に久しぶりに登った。群馬県方面の登山を予定していたが、天候が怪しいのでこちらにした。蓼科山(たてしなやま)は八ヶ岳連峰の北端に位置する標高2,531mの、 円錐形の美しい山容から諏訪富士(すわふじ)とも呼ばれるそうだ。

今日は裏側の大河原峠から登った。中央自動車道諏訪南ICから白樺湖を経由し、女神湖を左に見て、夢の平スカイラインを上った。途中、御泉水自然園、七合目登山口を過ぎて大河原峠に到着。

登山口は大河原ヒュッテの前を右に行き、登山者カード入れのポストに登山者届を入れ出発した。すぐに竜源橋方面の分岐があり、そこを将軍平方面に向かう。大河原苑地を通り、登山道は笹の中を登って行く。学生の団体が前にいたが、リーダーが道を譲ってくれた。登山道は石ゴロゴロの歩きにくい道である。道の両側には時々、オサバグサ、マイズルソウ、ミツバオウレンが咲いている。

急登を登り切ると道は平らになり、佐久市最高地点2380mの標識が出てくる。道はここから少し下り気味になり、縞枯れした針葉樹の中を行くと前方に蓼科山が見えてくる。道は水溜りの中に丸太を入れてあり、その上を滑らないよう気をつけて歩く。

やがて道は赤谷分岐に到着。ここを右に行き前掛山を目指したが、行けども行けども頂上らしきものが無く、道はだんだん下りになるのでUターンして赤谷分岐に戻る。本道に戻り蓼科山を目指す。少し行くと将軍平(天祥寺原、七合目登山口分岐点)に到着した。ここは山小屋蓼科荘がある。

ここから道は大岩の急登となる。クサリもあるが使わなくても登れる。でも慎重にゆっくり、登ることが大事である。道の両側にはコイワカガミ、トマトリソウ、ゴゼンタチバナ、山頂近くなるとコケモモ、ノツガザクラ、ミネザクラ等が咲いている。道は最後に左にトラバースして蓼科山頂ヒュッテの前に出る。この頃からガスが出てきて周りの景色も見えなくなった。蓼科山頂ヒュッテの横を通りすぐに蓼科山山頂に着いた。山頂は一面ガスで、山頂標識の前で記念撮影。

下山は往路を戻るが、人気の山らしく登山者が、ひっきりなしに登って来る。将軍平まで大岩の急坂を慎重にゆっくり下る。登山者が多く、途中渋滞し待ちながらの下山となった。将軍平で一休み。ここから道を右に取り天祥寺原を目指し下る。

道は岩ゴロゴロの水のない沢下りである。見通しの良い所にくると、正面に北横岳が見える。下山道は途中、ロープで行き止まりを右の林に入り、その後、又岩ごろごろの沢に戻り下る。今度はロープの行き止まりを左の林に入る。針葉樹の中を下って行き、明るくなり笹が出てくると天祥寺原は近い。正面に北横岳が見える。やがて大河原峠(左)、竜源橋(右)の分岐に到着した。

小休止後、大河原峠を目指し歩き始める。10分ほどで亀甲池・双子池方面(右)分岐地点の天祥寺原に出る。天祥寺原看板を右に見て、ここは直進し歩き易い道を緩やかに登っていく。もう少しで大河原峠という所で、雨が降り始めザックカバーを付けヤッケを着た。それほど大雨でないので良かった。大河原峠に着いたら双子池方面及び蓼科山方面から、合羽を着た登山者が続々下りて来た。人気の山だなと改めて実感した

天候 曇り・雨
同行者 夫婦登山
行程 
大河原峠登山口 5:55
佐久市最高地点 7:05
赤谷分岐 7:15
前掛山不明Uターン 7:25
赤谷分岐 7:35
将軍平 7:50
蓼科山頂ヒュッテ 8:30
蓼科山山頂 8:35〜8:45
将軍平 9:20〜9:35
天祥寺原手前分岐 10:40〜10:45
天祥寺原分岐 10:55
大河原峠登山口着 11:40

sl
前日中央自動車道八ヶ岳PAより夕日の写真 甲斐駒ケ岳/鋸岳


登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
大河原峠駐車場 登山道は右に行く 竜源橋分岐を直進 学生の団体 石ゴロゴロの歩きにくい登山道
sl sl sl sl sl sl
少し歩きやすくなった道 佐久市最高地点 木が枯れている所 赤谷分岐を右へ Uターンして本道に戻る 蓼科山に向かう
sl sl sl sl sl sl
将軍平(蓼科荘) ここから大岩の急な登山道 蓼科山頂ヒュッテが見えてきた 山頂への標識(右へ) 混雑している山頂
sl sl sl sl sl sl
蓼科山山頂記念撮影 続々来る登山者 行列の下山者 将軍平で休憩 天祥寺原へ右折する 天祥寺原への下山道
sl sl sl sl sl sl
北横岳が見える 岩ごろごろの下山道 緑のロープ止めを右に行く 緑のロープ止めを左に行く 歩き易い道になる
sl sl sl sl sl sl
大河原峠分岐を左に 歩き易い道である 天祥寺原に出る(亀甲池分岐)ここは直進する 双子山が遠くに見える 大河原峠が見えてきた

花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
ミツバオウレン ボタンヅル シャクナゲ コイワカガミ ツマトリソウ ミネザクラ
sl sl sl sl sl sl
マイズルソウ ノウゴウイチゴ オサバグサ ハリブキ シラビソの葉芽 ゴゼンタチバナ
sl sl sl sl
不明花名 コケモモ ツガザクラ ネバリノギラン



1回目登山
登山日 1997-06-29(日)

日本百名山で別名「諏訪富士」と呼ばれる、長野のたて科山へ登った。

蓼科山への登山口は沢山あるが、1番歩行時間の長い、女神茶屋登山口から登った。カラマツの茂る笹原を行く。緩やかな道が急斜面になるが、20〜30分で笹原の気持ちが良い道に変る。そして行く手には丸い巨大な、蓼科山が見えてくる。

道はガレ場の急登になり、直登の登山道を、あえぎながら登る。頂上近くなる頃、道は岩場になり岩に印されたペンキ印を目印に登って行くと、蓼科山頂上に到着。

頂上は岩だらけの山である。台風の後で朝のうちは曇っていたが、段々天気は回復してきた。でも頂上は風が冷たく、強風のためそこそこに下山した。雲の合間に八ヶ岳が見え隠れし、幻想的だった。

花はイワカガミ、マイズルソウ、キンポウゲ、ゴゼンタチバナ、コバイケイソウ等が咲いていた。下山も
同じ道を帰ってきた。

天候 曇り・晴れ
同行者 夫婦・友人
行程 
女神茶屋登山口発  8:40
蓼科山着 11:15
蓼科山発 11:40
女神茶屋登山口 14:00
女神茶屋発 15:00
自宅着 18:20

写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
登山道 岩の急登 頂上直下の岩の道 友人S氏 霧と風の山頂
sl
八ヶ岳