長野県北アルプス・日本百名山の白馬岳の紹介ページです。白馬三山一周コースです。駐車場の有無、登山口の場所、登山道の状況、咲いている花、道中及び山頂からの展望、 コースタイムを紹介しています。これから登る方の参考になればと思います。
登山日 1997-08-16(土)〜17(日)

北アルプスの中でも人気を2分しているのが、槍・穂高連峰とこの白馬岳と言う人もいる。なにより山頂直下に設備の整のった、2軒の小屋があるのが、登山者にとって心強い。

1日目
八月のお盆明けに、猿倉から登る計画を立てた。富士を夜中に出発し、中央自動車道、国道148号線を猿倉を目指して走る。猿倉へ4時過ぎに到着。大駐車場をやっと探して駐車する混みよう。少し寝ようかと目をつぶると、まわりでガヤガヤの声がして、登山準備し出発し始めている。私共も準備をして登山開始。

始めは林道を歩く。鑓温泉への登山口を左に見送り、淡々と歩いて行くと、やがて林道終点となる。ここからは山道になる。少し登ると白馬尻に着く。白馬尻からひと登りしたところから、有名な大雪渓が始まる。アイゼンをつけ雪渓に降立つ。スプーンカットの凸凹の平らな部分に、足を乗せて歩くのがコツだそうだ。雪渓の上で気をつけるのは、落石とクレパスであり、赤く道を示してあるので、そこを外れないよう歩き、石がある所では休まないように、と言われてきました。

大雪渓が終わると、葱平のお花畑になる。この頃から私は気持ちが悪くなり、妻は足が攣って歩けなくなる。少し休んでいたら、妻の足にスプレーを吹き付けてくれた親切な人が居て、大変有り難かった。やっとの思いで村営頂上宿舎に到着。ベンチに横になること30分。少し元気が出てきたので、再び白馬山荘を目指して登る。小屋に着いたら二人ともぐったりし、食時前に一眠り。食事後もすぐ寝た。前夜の寝不足が相当こたえたようだ。

2日目
早朝、目が覚めたら体力回復。早速、日の出を見ようと山頂に向かう。あいにくの曇空で、はっきりした日の出は見えなかった。朝食は弁当にしてもらい山荘を出発した。

今日の予定は杓子岳、鑓が岳から鑓温泉経由で猿倉へ戻るコースである。天気が良く右前方に釼岳・立山連峰を見ながらの、稜線歩きである。杓子岳は巻き道を行き、鑓が岳へはガレ場の道を登り、頂上に立つ。鑓が岳からの展望は、後ろに白馬岳、前方に唐松岳・五竜岳が見え素晴らしい眺めである。

下山はガレ場の道を慎重に下り、稜線に出る。稜線をしばらく行くと、鑓温泉に向かう分岐点に着く。ここを左に下がる。途中の大出原はお花畑で有名である。お花畑を過ぎてどんどん下がって行くと、鑓温泉に到着する。

温泉に入りたかったが、ここで入ると全身筋肉が緩んで、猿倉まで歩くのがいやになりそうなので入浴は止めた。いよいよ最後の長丁場のコースに向った。雪渓を過ぎ狭く、小さな起伏のある登山道を、ひたすら猿倉を目指して下る。飽き飽きした頃、やっと猿倉から白馬尻への林道へ出た。猿倉へ着いたら足が棒のようだった。

白馬の街で日帰り入浴第一の郷の湯に入ったら、疲れがすーと取れた。土産を買い帰途に着いた。

天候 晴れ
同行者 夫婦
行程(1日目)
猿倉登山口発   5:15
白馬尻着   6:15
白馬尻発   6:40
大雪渓   6:55
葱平   9:00
葱平発  9:15
村営頂上宿舎着 12:30〜13:00
白馬山荘着 13:30
行程(2日目)
白馬岳往復 4:50〜5:30
白馬山荘  5:40
白馬鑓が岳 7:45〜7:55
鑓温泉着 10:05〜10:40
猿倉登山口着 14:35
猿倉発 15:00
白馬発-自宅 16:00〜19:30

写真をクリックすると大きくなります
猿倉荘出発 雲の合間から
覗く山
白馬尻より雪渓
へ出発
白馬尻の標識 大雪渓を
振り返って
葱平も近い
大雪渓も終わり 葱平到着 白馬鑓ヶ岳 イワギキョウ トウヤクリンドウ タカネツメクサ
山頂ご来光 山頂記念撮影 登山道からの景色 明るくなった
白馬岳
頂上への道 山小屋を出発
登山道からの景色 白馬岳をバックに 鑓ガ岳山頂 大出原分岐 大出原 鑓温泉