前掛山〔浅間〕

登山日 2010-10-2〔土〕 家内の友人から浅間山の火山活動の警戒レベルが(1)になったので浅間山の横にある前掛山まで登山可能となった。と情報を頂き早速登山計画を立てた。
行程は長いが急登は無いと聞いたのですぐに行く気になった。上信越自動車道のパーキングエリアで仮眠し、夜明けとともに登山口の浅間山荘を目指して車を走らせた。駐車場にはすでに10台ぐらい車が来ており、登山準備をしていた。

登山口の案内板を読んでから登山開始。最初は林道を行きやがて登山道に入った。道は緩やかで歩きやすい道である。30分ほど歩くと一ノ鳥居に到着。ここは右の不動滝経由の道をとる。不動滝を見て少し行くと二の鳥居である。

ここからは長坂と呼ばれる、ダラダラとした長い登り坂を行く。視界が開けてくると右に迫力のある牙山、左にトーミの頭が見える。硫黄の臭いが立ち込める沢を見て少し行くと火山館に到着。ベンチがあり一休みにはちょうど良い。火山館には花の写真、浅間山噴火の状況などが展示してある。

登山道はほぼ平坦な道をJバンド分岐まで続く。分岐を真直ぐ前掛山方面に進む。ここから登山道は徐々に急坂となり、木々の低く登山道は溶岩のザラザラした道となる。森林限界を超えると前掛山の全貌が見え、道は斜めに登っていく。左手には浅間山第1外輪山(黒斑山など)がよく見える。浅間山本峰との分岐点立入禁止の案内板があるが、浅間山山頂に人影が見える。

ここを右に取りシェルターを過ぎて、だらだら坂を登りきると前掛山に到着する。山頂はそれほど広くないが、横に長いので結構大勢の人が居た。北アルプスの槍ヶ岳、穂高岳が雲の上に見えた。富士山は雲で見えなかった。花は秋の花がそれなりに、ちらほら森林限界の下に咲いている。

下山は往路をピストンで帰る。今日は天候もよく大勢の登山者に出会った。浅間山荘で天狗の湯へ入浴。赤い鉄分を帯びた湯は大変良かった。
天候 快晴
同行者 夫婦登山
行程
浅間山荘発 5:55
一ノ鳥居 6:25
二ノ鳥居 6:45
火山館 7:40−7:45
Jバンド分岐 8:15
前掛山山頂 9:50−10:10
Jバンド分岐 11:10
火山館〔昼食〕 11:30−11:50
二ノ鳥居 12:30
一ノ鳥居 12:50
浅間山荘着 13:15

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
浅間山荘駐車場 鳥居をくぐり登山開始 噴火警戒レベル1 一の鳥居 不動滝 二の鳥居
sl sl sl sl sl sl
牙山 硫黄の臭う登山道 トーミの頭 火山館 賽の河原分岐は直進 前掛山への登山道
sl sl sl sl sl sl
巻いてる登山道 浅間山への立入り禁止標識 前掛山への最後の登山道 北アルプス 剣ヶ峰 賑わう前掛山山頂
sl sl sl sl sl sl
前掛山山頂記念撮影 山頂から振返った登山道 黒斑山 噴煙の浅間山 湯の平口分岐は直進 草すべり登山道方面

花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
シロヨメナ ナギナタコウジュ ヤマハハコ マイズルソウの実 ゴゼンタチバナの実 コケモモの実
sl sl sl sl sl sl
シラタマノキの実 オヤマリンドウ ラショウモンカズラ グンナイフウロ トリカブト コウゾリナ