登山日 2011-05-14(土) 信州自慢の里山風越山(正式にはかざこしやまと呼ぶようだが、地元ではふうえつざんと呼び親しまれているようだ))へ登った。友人の紹介で初めて知り薦められた山である。中央自動車道を飯田ICで下り、砂払温泉から飯田西中学校を左に見て、突き当りを右折し少し行くと風越山登山口の標柱がある。ここを左折し林道終点の少し手前に、水場と石仏がありそこに3〜4台駐車可能。

歩き始めて直ぐに林道が終わり登山道に入る。登山道は広く車が通れる位の広さである。少しで滑滝に到着。そこから直ぐ突き当たるように石灯篭の立つ広場に来た。右手から押洞登山口からの道と合流。

ここから所々にある案内板、石仏を見ながらジグザグの広い登山道を登っていく。やがて秋葉大権現が奉られた分岐を右に行く。15分ほどで虚空蔵山に到着。平らな広場に屋根だけの建物が建っている。祠の横に風越山への指標あり、ミツバツツジの咲いているなだらかな道を進む。ベニマンサク自生地の看板を過ぎ、大きな矢立木を通り展望台に到着。今日は霞んでいて遠くの山はハッキリしない。道が険しくなり大岩出てきて、石の階段が続き赤い鳥居をくぐるとまもなく白山社奥社に着く。

ここから道は少し下り登り返すと、ブナ林の平担な道となり風越山に到着。頂上は広いが木々で展望は良くない。軽食後、来た道を引き返す。白山社奥社に登る道の脇に、「イワウチワ」が咲いていた。

ベニマンサク自生地看板の直ぐ下を、延命水経由の虚空蔵山の巻き道を下る。延命水はチョロチョロしか出ていない。秋葉大権現分岐に出て往路を下った。今日は4〜5組の登山者に出会った。帰路に「砂払温泉」にて入浴、食事をして中央自動車道飯田ICー甲府南で帰ってきた。
天候 晴れ
同行者 夫婦登山
行程
林道脇駐車場出発 6:25
秋葉大権現(分岐点) 7:20
虚空蔵山 7:35ー7:45
白山社奥社 9:00
風越山 9:20ー9:50
白山社奥社 10:05ー10:25
延命水 11:05
秋葉大権現(分岐点) 11:15
林道脇駐車場 11:55

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
風越山登山口標柱を左折 林道脇に駐車 滑滝 押洞登山道と合流を左折 所々にある石仏
sl sl sl sl sl
秋葉大権現(分岐を右に) 虚空蔵山頂上 ベニマンサク自生地看板 広く歩き易い登山道 矢立木
sl sl sl sl sl
白山社奥社の鳥居 駐馬巌碑の大岩 石段の登山道 木の根のロープ場
sl sl sl sl sl
白山社奥社 風越山頂上 延名水 下山道からの風越山 飯田市街

花の写真
 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
チゴユリ ジュウニヒトエ ウスギョウラク イワウチワ タチツボスミレ
sl sl sl sl sl
ヘビイチゴの花 ムラサキケマン タンポポ ミヤマキケマン マルバスミレ