子檀嶺岳


登山日 2013−05−12(日) 信州青木村にある子檀嶺岳に登って来た。この山は「こまゆみだけ」と呼ぶそうだが、教えてもらわないと読めない。

信州上田から国道143号線を青木村に向けて走り、国宝大法寺三重塔の入口の看板を見たら右折し、右手に大法寺の参道を見ながら直進する。「当郷」集落を進み、突き当りのT字路を左折し民家が切れると左手に栗林があり右手が駐車場です。 登山口は駐車場から50〜60m登ると登山道入口の看板がある。

登山準備をして歩き始める。歩き始めてすぐに道端の野花が咲いているので、早速写真撮影をする。

登山道入口を右に入り、橋を渡って竹林を抜けると赤松の林になる。道はジグザグの歩きやすい道である。強清水の分岐を左に入り、冷たい水を飲み生き返る思いだ。元の道に戻り傾斜が緩くなると林道に突き当たる。ここを右に行き平坦な道を行くと、左手に登山道が出てくる。ここを登り鳥居をくぐる。

赤松の林から桧の林のなる頃傾斜がきつくなる。我慢して登ると尾根に出る。ここから傾斜も緩くなった稜線歩きとなる。やがて祠が見えて子檀嶺岳の山頂に到着した。

山頂には三基の祠があり、青木村、塩田平の街並みはもちろん、独鈷山、更には遠く八ヶ岳、左方面には浅間山、四阿山、根子岳が見える。後ろを見ると北アルプスの鹿島槍ヶ岳、爺が岳が雪をかぶってくっきりと見えた。展望を満喫した後は、往路を引き返した。

山頂に居た地元の登山者に、日帰り入浴施設「ささらの湯」(上田市ホームページより)を教えてもらい入浴。入浴後、塩田平経由平井寺トンネルを通り、国道152号線(大門街道)で白樺湖から中央自動車道諏訪南ICに入る。中央道は混んでなく甲府南ICを出て精進湖から朝霧高原の芝桜出入口が混むかと思ったが、時間帯が16時を廻っていたのでスムーズに走れた。河口湖方面に行く車は渋滞でのろのろ運転であった。
天候 晴れ
同行者 夫婦登山
行程
登山口出発 8:15
強清水 9:00
林道突き当たり 9:15
鳥居 9:25
尾根上 9:55
子檀嶺岳山頂 10:00−10:50
林道 11:10
登山口着 11:45

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
これから登る子檀嶺岳 T字路を左折 駐車場 登山道は右に入る 頂上まで2時間標識
sl sl sl sl sl
木橋を渡る 竹林を通る 赤松林の登山道 強清水(水飲場)は左へ
sl sl sl sl sl
強清水(水飲場) 桧林の登山道 突き当りを右へ 歩きやすい林道 登山道は左に入る
sl sl sl sl sl
子檀嶺岳登山道入口 子檀嶺岳鳥居をくぐる ジグザグの登山道 尾根に出たら右へ
sl sl sl sl sl
子檀嶺岳山頂の祠 子檀嶺岳山頂記念撮影 北アルプス 下山道(林道)を左へ 快晴の景色
子檀嶺岳山頂からの景色


花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
ウワミズザクラ タンポポ/ワタゲ ハルジオン
sl sl sl sl sl
ヤマブキ クサノオウ エンレイソウ キケマン ウマノアシガタ
sl sl sl sl sl
アカツメクサ オウギカズラ オオイヌノフグリ ヒメオドリコソウ ムラサキケマン
sl sl sl sl sl
ユキザサ タチツボスミレ ヘビイチゴ シロバナエンレイソウ ヤマエンゴグサ



白樺湖

白樺湖畔から見た蓼科山