登山日 2014−06−15(日) 長野県上田市にある太郎山に登ってきた。太郎山は上田市民に親しまれている里山である。山頂には太郎山神社があり、昔から養蚕の神ととして信仰を集めてきたとか、雨乞いの祈祷もしたと言う記録があるようだ。

国道18号線の新田交差点か、山口交差点を山側に入ると表参道登山口へ着く。今回は山口交差点を入り、民家の狭い道を上り上信越自動車道の車の走る音が近くなると、裏参道登山口と表参道登山口への分岐地点に出る。ここを左に下ると太郎橋があり、橋を越えた所の空き地に駐車した。表参道登山口は駐車場が無く、道の脇に通行の邪魔にならないように置くこと。

登山道は丸太の階段状の急坂を登って行くと、すぐに道しるべ3丁丁石の標識が出てくる。道しるべは太郎神社が24丁丁石で、1丁毎に標識と小さな石の祠が置いてある。登山道はジグザグに明るい雑木林の中を行く。石の鳥居に来ると丁度半分である。鳥居をくぐり又、ジグザグの道を登って行く。やがて赤い鳥居が出てきて、右から裏参道登山口が合流している。石段を登り太郎山神社に参拝し、社殿の右脇を通り太郎山に向かう。緩やかな道を少し行くと太郎山山頂に到着した。

山頂は広く三角点、展望図、小さな石仏が置かれている。アヤメが群生しており丁度見ごろであった。山頂からの展望は素晴らしく上田市街を初め遠くは蓼科山、北アルプス、又、信州の近隣の山々が見える。花は登山道ではハンショウズル、ハクサンタイゲキ、ニガナなど、下山道の林道では野の花、ホタルブクロ、アカツメクサ、シロツメクサ、ハルジオンなどが咲いていた。

下山は赤い鳥居まで戻り、ここから裏参道登山道を下った。道は広く歩き易い。裏参道登山口に出てから、舗装路の西光寺線林道を下り、朝の分岐地点を右に下り駐車場に着いた。

上田まで来たので信州の鎌倉と言われる別所温泉を観光した。北向観音、安楽寺、常楽寺を観て、日帰り入浴「あいそめの湯」へ入浴し(500円)帰途に着いた。
天候 快晴
同行者 夫婦登山
行程
表参道登山口出発 6:15
石の鳥居 7:00
赤い鳥居 7:50
太郎山神社 7:55
太郎山山頂 8:00〜8:20
金明水 9:10
裏参道登山口 9:25
駐車場着 10:00

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
表・裏参道の分岐(左へ) 太郎山橋先の駐車場 登山口は左に入る 階段状の登山道 三丁丁石の標識 七丁丁石の標識
sl sl sl sl sl sl
十一丁丁石の標識 石の鳥居 十五丁丁石の標識 十七丁丁石の標識 二十二丁丁石の標識 太郎山神社の鳥居
sl sl sl sl sl sl
太郎山神社 潜ると厄除け 太郎山山頂へ道 太郎山山頂手前 太郎山山頂 アヤメの群落
sl sl sl sl sl sl
穂高岳/槍ヶ岳 鳥居の横を裏参道へ 裏参道を下る 金明水 裏参道登山口 舗装の林道を右へ
sl sl sl sl sl
舗装の林道を下る 大山祇神社 分岐を太郎山橋へ下る 山頂からのパノラマ 遠くに富士山

花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
シロバナタニウツギ ハクサンタイゲキ ヤマグミ ミヤマガマズミ ハンショウズル ミヤマナルコユリ
sl sl sl sl sl sl
マムシグサ コゴメウツギ ツクバネウツギ ニガナ タンポポ シロバナニガナ
sl sl sl sl sl sl
アヤメ ナンテンハギ フタリシズカ ハルジオン サワギク
sl sl sl sl sl
クサノオウ オオイヌノフグリ ホタルブクロ アカツメクサ シロツメクサ

別所温泉

北向観音写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
北向観音入口 観音堂本堂 北向観音の縁起 六地蔵 温泉薬師瑠璃殿
sl sl sl
鐘楼と梵鐘 愛染カツラ 夕焼け小焼けの歌碑

安楽寺写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
安楽寺山門 安楽寺案内図 安楽j本堂 参道のお地蔵様 八角三重塔の説明
sl sl sl sl
案楽寺境内 八角三重塔 トチバニンジン オダマキ

常楽寺写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
常楽寺山門 常楽寺本堂 立派な松 常楽寺の縁起 別所温泉街

日帰り入浴施設
あいそめの湯