小谷
風吹大池


登山日 2015−08−01(土) 風吹大池(かざふきおおいけ)は長野県北安曇郡小谷(おたり)村にある標高1778mの池である。池の傍に風吹岳があるが、風吹大池を目的に訪れる人のほうが圧倒的に多いようである。今回私どもが取ったコースは、土沢登山口(つちざわとざんぐち)から登り風吹大池1周して、同じ道を戻ってきた。
アクセス
道の駅「小谷」から少し白馬よりに戻り、小谷大橋を渡り左折し民家の間を風吹荘を右に見て車を走らせる。途中2ヵ所分岐があるが標識もありいづれも右に行く。道は砂利道の細い道になり慎重に車を走らせる。登山口駐車場まで1時間弱かかる。駐車場は10台ほど停められる広さである。登山準備し登山開始。

登山道は初めは広く腐葉土の歩き易い道ですが、すぐに細いやせ尾根になる。道にはトラロープが張ってあり危険な道と分る。やせ尾根を慎重に通り、やせ尾根の右側の深い沢は川底が白くなっており硫黄の臭いがする。

登山口から風吹山荘までを11分割した表示板が出てくる。この表示板は1ピッチ400mだそうだ。この標識以外にも道の真中に風吹5km、4km、3km、2km、1km最後は「風吹」と言う標柱が埋められている。
やせ尾根の後は粘土質の登山道になる。水分を含んでいるので滑らないよう気をつけて行く。

ブナ林の気持ちの良い登山道を登って行き、表示板の「6/11」と「7/11」の間に水場がある。冷たくておいしい水で、コップに3杯も飲んでしまったが、後で山荘のご主人に沸かし飲まねば危ないよ!と言われた。やがて道は北野コースと合流。そこから数分で「11分の11」風吹山荘に到着した。風吹山荘から木道を行き、分岐を直進し池を時計周りに廻ることにした。

道は急な登りになり登りきると、湿原地帯になる。天狗原分岐を右に行き、湿原の中の木道を花を見ながら、写真を撮りながら行く。湿原には池塘が所々点在している。湿原が終ると道は下りになる。風吹大池を右に見ながらさらに下る。科鉢池を左に見て、風吹岳山頂標識を左に見送り道を右にとる。やがて出発した湿原の木道に出る。風吹山荘で休憩後、往路を戻った。
天候 曇り
同行者 夫婦登山
行程
土沢登山口発 6:50
風吹4kmの標柱 7:25
表示板「4/11」 7:50
風吹3kmの標柱 8:00
風吹2kmの標柱 8:35
表示板「8/11」 8:50
風吹1kmの標柱 9:10
風吹山荘 9:50〜10:10
木道分岐 10:40
科鉢池 10:55
風吹山荘 12:00〜12:10
土沢1kmの標柱 13:35
土沢登山口着 14:00

風吹大池 登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
(1)
風吹荘を右に見て車を
走らせ、三叉路を右に行く。
(2)
さらに車を走らせ白馬
連峰登山概念図の看
板がある分岐を右折
する。
(3)
土沢登山口駐車場に
到着。(10台位駐車
可能)
小谷道の駅から、約1
時間の所要時間であ
る。
(4)
土沢登山口。
駐車場から20m位戻
ったところにある。


(5)
滑りやすいが腐葉土
の柔らかい道を登る。

sl sl sl sl sl
(6)
道はだんだん狭くなり
木の根が張り出した道
になる。
(7)
道は細いヤセ尾根に
出て、トラロープが張
られている。右下は深
い沢で川底が白く濁っ
ていて硫黄の臭いが
する。
(8)
風吹4kmの標柱が道
の真中に埋められて
いる。


(9)
左がガレた狭い道を
慎重に通過する。
(10)
登山口から風吹山荘
までを11分割した表
示板「4/11」である。
この表示板が行程の
目安にもなる。
sl sl sl sl sl
(11)
風吹3kmの標柱。




(12)
道は両側とも草が刈っ
てあり、分りやすく大
変助かる。
(13)
表示板「6/11」と「7/11
」の間に冷たくて美味
しい水場がある。後で山荘のご主人に沸かして飲まねば危ないよと言
われた。
(14)
風吹2kmの標柱。




(15)
表示板「8/11」




sl sl sl sl sl
(16)
風吹1kmの標柱。

(17)
大きなカエル。
目が鋭い。
(18)
少し青空が見える

(19)
道は狭く粘土質の滑り
やすい道となってきた。
(20)
道は石ゴロゴロの歩
き難い道になる。滑ら
ないよう慎重に登る。
sl sl sl sl sl
(21)
やがて道は北野登山
道と合流する。
(22)
北野登山道合流地点
から数分で風吹山荘(11/11)に到着した。
(23)
風吹山荘。

(24)
風吹山荘を後にして
風吹大池一周散策に
出発。
(時計回り)
(25)
木道を右手に風吹大
池を見ながら行く。
sl sl sl sl sl
(26)
木道を離れ道は急な
登りになる。
(27)
急な道を登りきると、
湿原地帯に入る。
(28)
エゾシオガマが群生し
ている湿原。
(29)
木道は二股に分かれ
ている。ここは道を右
にとる。
(左は天狗原方面)
(30)
平で広い湿原。
sl sl sl sl sl
(31)
右は風吹大池展望台
へ。
(32)
展望台から見た風吹
大池。
(33)
元の木道に戻りさらに
湿原の中を行く。
(34)
湿原には池塘が点在し
ている。
(35)
湿原が終わり道は林の中を緩やかに下って行
く。
sl sl sl sl sl
(36)
科鉢池分岐を科鉢池
方面に行く。
(37)
神秘的な科鉢池。
(38)
風吹大池を奥の方から見た写真。
(39)
分岐を右へ
(40)
池の縁で記念撮影。
sl sl sl sl sl
(41)
風吹岳分岐を右へ。
(42)
風吹山荘が見えてき
た。
(43)
風吹山荘に戻ってきた
(44)
土沢1kmの標柱。
(風吹4kmの裏側)
(45)
土沢登山口へ到着。

風吹大池 花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
ツルアリドウシ タマガワホトトギス タカネニガナ タニギキョウ キヌガサソウ シラネニンジン
sl sl sl sl sl sl
イワイチョウ タテヤマリンドウ ヤマハハコ エンレイソウ ツボスミレ ツルリンドウ
sl sl sl sl sl sl
オヤマリンドウ アカバナ ミヤマホツツジ ゴゼンタチバナ エゾアジサイ ツクバネソウ
sl sl sl sl sl sl
ギンリョウソウ ツバメオモトの実 タケシマランの実 オトギリソウ モミジカラマツ ヒオウギアヤメ
sl sl sl sl sl sl
ミヤマアキノキリンソウ ワタスゲ マイヅルソウの実 サンカヨウの実 オニシモツケ チングルマの胞子
sl sl sl sl sl sl
ユキザサ ノリウツギ ムシカリ アカモノの実 マイヅルソウ コバイケイソウ
sl sl sl sl sl sl
トンボソウ エゾシオガマ ハナチダケサシ バイケイソウ カニコウモリ イワショウブ