白馬
岩茸山


登山日 2015−08−02(日) 白馬・岩茸山に行った。岩岳ゴンドラの出発時間は8時30分であり、時間が有るので乗車チケットを先に買い、山麓のゆり園を散策した。山麓のゆりは少し終わり気味である。

ゴンドラ「ノア」の乗っている時間は8分間である。標高差約540mを一気の上って行く。山頂駅に降り、雲の合間に北アルプスが見えてるうちに、ユリを入れて写真を撮った。その後、岩茸山山頂に行き記念撮影。山頂の奥に白馬三山、唐松岳展望所があり、ここでも雲がかからないうちに写真撮影。

その後、ねずこの森自然探勝路を散策した。森の中はブナ、ミズナラの木が多くある。その森を守っているのが”ねずこの木”別名クロベと言うようだ。

3時間弱程山頂でのんびりして下りて来た。帰宅は安曇野ICから長野自動車道に入り岡谷JCTから中央自動車道甲府南ICを出て朝霧高原経由で帰ってきた。
天候 曇り
同行者 夫婦登山
行程
ゴンドラ山麓駅発 8:30
山頂散策 8:40〜11:30
ゴンドラ山麓駅着 11:40

岩茸山 散策の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
(1)
岩茸山ゴンドラ
山麓駅の駐車場。
早いのでガラ空き
である。
(2)
岩茸山ゴンドラ
山麓駅.

(3)
ゴンドラ「ノア」は
山頂駅まで約く8
分で行く。
(4)
ゴンドラ山頂駅を
降りた広場。

(5)
山頂ゆり園から不
帰ノ嶮を望む。

(6)
ゆり園から山頂駅
にかけてゆりの
花が一杯咲いて
いる。
sl sl sl sl sl sl
(7)
ゆり園から頭を出している白馬岳を望む。
(8)
岩茸山山頂にて
記念撮影。

(9)
不帰ノ嶮/天狗の
大下りをズーム
アップ。
(10)
白馬岳をズーム
アップ。

(11)
白馬村のキャラク
ター「ヴィクトワール
・シュヴァルブラン・
村男III世」と申し
ます。 「白馬スキー
伝来100年」を 記
念して、ペガサス
座流星群からやっ
てきました。
(12)
帰りのゴンドラか
らの景色。





sl
岩茸山頂ゆり園から不帰ノ嶮/天狗の大下り/天狗の頭が雲の切れ目に見える(パノラマ)。
sl
岩茸山頂から不帰ノ嶮/白馬岳が雲の切れ目に見える(パノラマ)。

ねずこの森 散策の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
ねずこの森散策入口。 散策路を行く。 途中一休みする東屋がある。 うまブナと言う名のブナの木。 ネズコの木。ヒノキ科クロベ属の常緑針葉樹。


岩茸山山麓ゆり園の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
ゆり 〜 ゆり 〜 ゆり

岩茸山山頂 花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
ノアザミ ハクサンフウロ ユキザサの実 ヒヨドリバナ オオバギボウシ ウツボグサ
sl sl sl sl sl sl
ヨツバヒヨドリ ヤマハハコ タカネニガナ フシグロセンノウ コオニユリ アカツメクサ
sl sl sl sl sl
トウバナ シロツメクサ ゆり 〜 ゆり 〜 ゆり