八ヶ岳
阿弥陀岳

登山日 2016-07-30(日) 八ヶ岳連峰・阿弥陀岳に、夏の花を見に登ってきた。八ヶ岳連峰は長野県諏訪地域と佐久地域、及び山梨県にまたがり南北に約30キロ、東西に約15キロに広がった山脈である。

朝4時45分に美濃戸の赤岳山荘駐車場に到着した。駐車料金1000円(日帰り)支払い登山準備をする。登山は赤岳山荘から少し登り、美濃戸山荘前の登山口分岐から南沢コースで行者小屋方面に向う。南沢渓流沿いの登山道は、幾度か沢を横切りながら、歩き易い道を緩やかに登って行く。やがて道は岩ごろごろの急坂の道になる。そこを抜けると石仏が祀ってある所に着く。丁度行者小屋までの中間地点である。

再び沢を渡り渓流脇の岩ごろごろの急登が始まり、ほどなく対岸の針葉樹林帯に入る。樹林帯を抜けると南沢の河原で、前方中央に赤岳が見えてくる。河原歩きが終わり再び樹林帯に入る。平らな道の樹林帯を抜けると、ほどなく行者小屋に着く。小屋前は阿弥陀岳、赤岳、硫黄岳への分岐合流地で、ベンチや水場もあり登山者で賑わっている。

 阿弥陀岳へは小屋前からテント場を抜け、文三郎尾根方面に向かい300mほど先の分岐道標を右に行き、中岳コルを目指す。登山道は狭く勾配もきついが、谷を挟んで赤岳の迫力ある姿が素晴らしい。ヘリコプターが赤岳の少し横岳寄り1段下がった所でホバリングしていた。(後で遭難者の救助だと聞いた)中岳コルが近づくと、高山植物が目に付くようになる。中岳コルは阿弥陀岳と中岳への分岐尾根である。ここでは休んでいる人、リックを置いて阿弥陀岳へ空身で登る人がいる。

ここから山頂までは岩稜を攀じ登らなければならない。急な岩塊にはクサリも設置してある。足場や手がかりを探しながら岩塊を登るが、ここは高山植物が宝庫で写真を撮りながら、慎重に登り阿弥陀岳山頂に着いた。陀岳山頂は石仏や石碑が立っている。山頂からの眺望は正面に主峰赤岳、右は切れおちたキレットから権現岳、編笠山につながっている。左を見ると横岳、硫黄岳の大パノラマが広がっている。

下山は登り以上に、足の位置を確かめながら落石を注意しながら下る。30分の下りは緊張の連続である。中岳コルで昼食を摂り、行者小屋へは往路を戻る。行者小屋はテントが増え、ベンチで休憩している人も沢山いる。ここで小屋のおでんを食べ小休止した。

美濃戸へ往路を戻った。朝から長時間の行程であったが、各箇所で十分な休みを取りながらの山行きの為、それほど疲れなかった。
天候 晴れ
同行者 夫婦登山
行程
美濃戸登山口出発 5:10
行者小屋 7:40〜8:00
中岳コル 9:30〜9:35
阿弥陀岳 10:25〜11:00
中岳コル 11:30〜11:50
行者小屋 12:35〜13:00
美濃戸登山口着 15:05

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
美濃戸赤岳山荘駐車
場を出発する。
美濃戸山荘前を通過
する。
北沢、南沢分岐を南
沢に入る。
最初は歩き易い道であ
る。
木橋を渡る。
sl sl sl sl sl
その後も歩き易い道
である。
再び木橋を渡る。 登山道は岩ゴロゴロの
急坂になる。
岩ゴロゴロの道が続
く。
まだまだ続く岩ごろご
ろの道。
sl sl sl sl sl
石仏が安置されてい
る。ここで行者小屋ま
での中間地点である。
沢を渡る。 再び岩ごろごろ急坂を
行く。
急坂が終り平らな小
休止に最適な場所で
ある。下山者とすれ違
う。
登山道は樹林帯の中
を緩やかに登る。
sl sl sl sl sl
樹林帯から河原に出
る。
河原に出ると前方に
八ヶ岳連峰の主峰赤
岳が姿を現す。
河原から又、樹林帯
に入りしばらく行くと行
者小屋に到着する。
行者小屋には山々の
展望を楽しむ登山者、
休憩する人
で一杯である。
行者小屋にて赤岳を
バックに記念撮影。
sl sl sl sl sl
行者小屋から見た赤
岳のズームアップ。
行者小屋から見た中
岳のズームアップ。
行者小屋から見たこ
れから登る阿弥陀岳
のズームアップ。
阿弥陀岳を目指してテ
ント場の中を行く。
文三郎尾根と阿弥陀
岳分岐を右に行く。
sl sl sl sl sl
木の根が張り出した
登山道を登る。
狭い登山道を足元に
気をつけながら登る。
登山道は少し広くなり
左側に赤岳が見えるよ
うになる。
突然ヘリコプターが赤
岳山頂より少し北側に
ホバリングした。後で
聞いたところ滑落者の
救助だったそうだ。
中岳コルに到着した。
ここを右に行き、阿弥
陀岳の登りになる。
sl sl sl sl sl
阿弥陀岳を見上げると
結構急登のようだ。
岩場に取り付いている
様子が見える。
登り口は最初、鉄の
梯子から登る。
登山道の途中は、岩を
つかみながらの3点確
保で登る。(上を見な
がら落石を注意して)
クサリ場を通り抜ける。
sl sl sl sl sl
眼下に行者小屋が見
える。
阿弥陀岳山頂に到着
した。
阿弥陀岳山頂には阿
弥陀如来の石像が安
置されている。
阿弥陀岳山頂にて赤
岳をバックに記念撮
影。
阿弥陀岳山頂からの
展望。中岳とその向
こうの赤岳。
sl sl sl sl sl
阿弥陀岳山頂からの
展望。赤岳ズームアッ
プ。
阿弥陀岳山頂からの
展望。権現岳ズーム
アップ。
阿弥陀岳山頂からの
展望。編笠山ズーム
アップ。
阿弥陀岳山頂からの
展望。横岳ズームアッ
プ。
阿弥陀岳山頂からの
展望。硫黄岳ズーム
アップ。
sl sl sl sl sl
下山。中岳コルに戻っ
てきた。左折して行者
小屋に向かう。
文三郎尾根と阿弥陀
岳分岐に戻ってきた。
行者小屋は近い。
下山道からの横岳・
大同心のズームアッ
プ。
行者小屋に戻ってきた
。テントが朝より増えて
いる。
無事、美濃戸へ戻って
きた。
sl
阿弥陀岳より主峰赤岳を中心とした展望パノラマ写真。

花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
キバナノヤマオダマキ ヤマホタルブクロ ミヤマトリカブト タケシマランの実 ヨツバシオガマ ミヤマアキノキリンソウ
sl sl sl sl sl sl
タカネヒゴタイ タカネツメクサ チシマギキョウ ヤマハハコ ミネウスユキソウ タカネナデシコ
sl sl sl sl sl sl
スダヤクシュ シナノオトギリ イブキジャコウソウ ミヤマオトコヨモギ タカネニガナ タマガワホトトギス
sl sl sl sl sl sl
シラネニンジン ミヤマミミナグサ ムカゴトラノオ ウメバチソウ ゴゼンタチバナ タカネマンネングサ
sl sl sl sl sl sl
ミヤマウイキョウ ミヤマダイコンソウ ミヤマシャジン ヤマブキショウマ ゲンノシュウコ ノコギリソウ
sl sl sl sl sl
クガイソウ ギンリョウソウ サワギク ミヤマバイケイソウ コバノコゴメグサ ネバリノギラン
sl sl sl sl sl sl
ミソガワソウ シロバナヘビイチゴ ハナイカリ イワオウギ オンタデ コバノイチヤクソウ