トレッキング日 2017−07−26(水 前泊地の長野県上田市を出て、霧ヶ峰/車山肩の駐車場に到着した。車山肩周辺はニッコウキスゲが未だ間に合い咲いていた。トレッキング準備をして、車山経由蝶々深山へ向かった。

車山への道は広く歩きやすい道である。夏の定番の花が道の両側に咲いている。写真を撮りながらゆっくり登った。車山山頂は中学生?の集団で賑わっていた。生憎のガスで回りは見えない。軽食を摂り蝶々深山に向かった。

蝶々深山へは山頂の木道を進み、リフトの山頂駅を過ぎ道は下りになる。下ったところが車山乗越でここを左に行く。直ぐに夫婦岩の分岐があり、そこは直進する。木道を真直ぐ進むと右にレンゲツツジの大群落がある。花の咲く時期は見事だろう。道は又、
分岐があり左へ行くと沢渡であるが、ここは直進し蝶々深山への上りとなる。蝶々深山山頂は広く、小学生の団体が休んでいた。

私たちもここで昼食とした。その間も続々子供たちが上がってきた。(八島ヶ原湿原の方から)景色はガスっていてよく見えない。帰りは往路を戻り、夫婦岩分岐を右に行き車山肩へ戻った。

帰り道、茅野市北山湯川にある「河童の湯」へ入浴(400円)。小さい施設だがなかなか良い湯であった。
天候 曇り
同行者 夫婦
行程
車山肩出発 9:15
車山山頂 10:15〜10:35
車山乗越 11:00
蝶々深山山頂 11:25〜11:50
車山肩着 12:40

車山〜蝶々深山トレッキング道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
車山肩駐車場。 コロボックル
ヒュッテ。
霧ヶ峰湿原植物
群落看板を右に
入り車山を目指す
緩やかな広い道を
登る。
振り返ると車山肩
が見える。
車山気象レーダー
観測所が見えると
山頂は近い。
sl sl sl sl sl sl
中学生で賑わって
いる。
山頂記念撮影。 蝶々深山に向か
う。
ここから急坂を下
る。
右にリフトが走って
いる。
分岐を左に行く。
sl sl sl sl sl sl
車山乗越を通過
する。
直進する。(左は
車山肩へ行く道)。
蝶々深山がぼん
やり見えてきた。
道の右にはレンゲ
ツツジの群落が
ある。(咲く時期に
は見事だろう)
直進する。(左は
沢渡へ行く道)。
石ごろの上り坂。
sl sl sl sl sl sl
蝶々深山山頂。 小学生の団体で
賑わっている。
下山時もガスって
いる。
分岐を右に行き
車山肩を目指す。
笹の狭い道を行く。 車山肩へ戻って
きた。

車山〜蝶々深山の花の写真 写真をクリックすると大きくなります
 
sl sl sl sl sl sl
クサフジ イブキトラノオ アカツメクサ ヒメジョン ノコギリソウ ナンテンハギ
sl sl sl sl sl sl
ハクサンフウロ オミナエシ イブキジャコウソウ ミヤマキンバイ ウツボグサ ニッコウキスゲ
sl sl sl sl sl sl
ニッコウキスゲの群落 シラネニンジン ナツトウダイ オトギリソウ ウスユキソウ アカショウマ
sl sl sl sl sl sl
タンポポ キバナヤマオダマキ シロバナニガナ ウマノアシガタ ハナニガナ オオヤマフスマ
sl sl sl sl sl sl
ノアザミ エゾカワラナデシコ バアソブ コウゾリナ シシウド ギボウシ
sl sl sl sl sl sl
ツリガネニンジン キオン ヨツバヒヨドリ ネバリノギラン ホタルブクロ クルマバナ
sl sl sl sl sl sl
カワラマツバ クガイソウ ノハナショウブ コウリンカ ワレモコウ シモツケソウ
sl sl sl sl sl sl
イタドリ トンボソウ ハナチダケサシ アカバナシモツケ カラマツソウ キンバイソウ