木曽/中山道
宿場めぐり



2018年9月24日(月)に明日(9/25)長野市の山に登るため、前泊で出発した。行きに伊那箕輪町の赤そばの里に寄ってから、権兵衛峠を抜けて木曽街道(国道19号)に入り上松宿を目指した。

上松宿では、天下の奇勝「寝覚の床」を見物、木曽川の真っ青な川面と花崗岩の白が印象的であった。

福島宿へ戻ってとりあえず昼食。そば処くるまやにて信州そばを食べ、宿場の上の段の古い町並みを散策した。

次に国道19号線を塩尻方面に向かい、次の目的地「奈良井宿」を目指した。奈良井宿は奈良井川沿いに約1キロにわたって町並みを形成する、日本最長の宿場である。と紹介されている。雰囲気は妻籠宿と似ている。

木曽中山道3宿場を見た後、本日の宿泊地長野市のホテルに向かった。

上松宿の写真 写真をクリックすると大きくなります
「寝覚の床」へは臨川
寺の山門くぐり進む
拝観料200円払い中
に入る
直ぐ左に「弁才天堂」
がある
寝覚の床入口
(下る道)
天下の奇勝木曽川の
「寝覚の床」
臨川寺境内案内図
寝覚山・臨川寺の展望台より寝覚の床を望む(パノラマ)

福島宿の写真 写真をクリックすると大きくなります
福島宿/喜又橋 喜又橋の由来 上の段の古民家
(食事処)
上の段の解説 大通寺鐘楼門
大通寺六地蔵 智勝山大通寺鐘楼門
の解説
上の段用水 高札場跡 大通寺前小路

奈良井宿の写真 写真をクリックすると大きくなります
鎮神社 宮の沢水場 〜長さ1キロにわたって古民家が並ぶ〜
中山道奈良井宿ご案内図