飯綱東高原
むれ水芭蕉園




散策日 2019-05-06(月)

飯綱東高原むれ水芭蕉園へは戸隠森林植物園から長野県道36号線を信濃町方面に向かい、飯縄山をぐるーと回り込む形で飯綱東高原に来た。むれ水芭蕉園はいいづなリゾートスキー場の傍である。

途中、信濃町からの黒姫山を初め、妙高山、戸隠連峰、霊仙寺山の景観が素晴らしい

むれ水芭蕉園は小ぶりの湿原である。園の入口から木道を入って散策開始する。園内は水芭蕉、リュウキンカ、ニリンソウの群生が見られる。一周約1kmと短い散策であるが、水芭蕉を堪能出きる園である。この辺の水芭蕉では比較的早く見れる場所でもあり、今日は葉が少し大きいと感じた。

上記以外の花ではコバイケイソウの葉、フッキソウ、エンレイソウ、ショウジョウバカマが咲いていた。

散策後、本日の宿泊地予定地の佐久市のホテルに向かって、上信越自動車道に入り佐久市を目指した。

天候 晴れ
同行者 夫婦
行程
むれ水芭蕉園散策 約40分

写真をクリックすると大きくなります
信濃町からの山展望
飯綱山/霊仙寺山
ズームアップ
黒姫山
ズームアップ
戸隠連峰/高妻山
ズームアップ
火打山/妙高山
ズームアップ
全山パノラマ


むれ水芭蕉園散策