斑尾高原
沼の原湿原


散策日 2019−07−21(日)

沼の原湿原
標高1000mに位置する斑尾高原は、豊かな森と水に恵まれ、3つある湿原のうち最大の広さと花の豊富さを誇る原生花園・沼の原湿原の散策に行ってきた。上信越自動車道の豊田飯坂ICを出て、斑尾高原を目指して車を走らせた。まだらお高原山の家に寄り沼の原への道を聞く。そこから少し走ると駐車場についた。

駐車場の少し先の遊歩道入り口を左下に入って歩き始めます。ほどなく、左に行くと沼の原湿原の中を周るコースへ入り、湿原を右回りに進む。木道はほとんど平らで夏の花が咲いている。写真を撮りながら駐車場に戻った。早春ですと水芭蕉、リュウキンカが咲き、次に白いミツガシワの花が湿原を飾るようだが、この時期にはなかった。

赤池
駐車場から駐車場から少し走ると、赤池に着く。車を降りて写真をパチりパチりで次の野尻湖に向かう。

野尻湖
東の斑尾山と西の黒姫山に挟まれた標高654mの高原に位置する野尻湖は面積は4.56km2で、長野県の天然湖としては諏訪湖に次いで2番目に大きいと言われているようだ。黒姫山を入れて湖をパチリ。

ここから黒姫高原御鹿湿原に向かう・目指すのは黒姫童話館である。

天候 曇り
同行者 夫婦
行程
沼の原湿原散策 8:25〜9:45
赤池 9:55〜10:00
野尻湖 10:30〜10:35

沼の原湿原散策路の写真 写真をクリックすると大きくなります
沼の原湿原
駐車場
駐車場トイレ 湿原入口を下る 分岐を左に行く 木道の中を行く さらに木道の中
を行く
右折する 木道の中を行く 分岐を直進 木道を直進 分岐をさらに直進 斑尾山

沼の原湿原花の写真 写真をクリックすると大きくなります
ヒメジョン ノリウツギ シロバナシモツケ シモツケソウ ウツボグサ
トリアシショウマ オカトラノオ ヒメオウギアヤメ オトギリソウ ドクゼり
ワラビ エゾアジサイ 終わった
ミズバショウ
オニシモツケ シロツメクサ
ミズチドリ コバギボウシ クガイソウ ノアザミ
カキラン オタカラコウ クサレダマ ヨツバヒヨドリ


赤池の写真 写真をクリックすると大きくなります

赤池案内図 赤池 コウゾリナ タンポポ アカツメクサ ノアザミ


野尻湖の写真 写真をクリックすると大きくなります

野尻湖 黒姫高原に向かう
途中の妙高山