相模原
石老山


登山日 2015−02−21(土) 神奈川県相模湖の近くにある石老山と言う山に登った。手ごろなハイキングコースのようだ。自宅を5時半に出発し十里木、須山、山中湖を経由し、道志道に入り相模湖を目指して車を走らせた。石老山入口の信号を左折し、石老山の標識に従い行くと右手に相模湖病院が見え駐車場に入る。登山者用駐車場が指定されていてそこに駐車する。

登山道は駐車場の奥にありそこを下ると登山道に出る。登山道は石畳の道から始まり、大きな岩が次々に出てくる。名前がすべてついていて解説もある。岩の間をぬって登って行き、最後の階段を登りきると顕鏡寺に到着する。平安時代に創建されたという真言宗の古いお寺である。

登山道は大銀杏の脇の階段を登って鳥居をくぐって行く。大きな岩を抜け、ジグザグを繰り返して登っていくと分岐点がある。ここは右の桜山展望台方面に行く。桜山展望台を過ぎ、杉林の根っこがむき出しになった道を登り、道が平らになるとすぐ融合平見晴台に着く。ベンチがあり相模湖が見える。

さらに檜の中を緩やかに登ると、道は狭くなり雪が凍っていて滑りやすい道となる。最後、階段状の急登を登り切り左に行くと石老山山頂である。山頂はベンチがあり、山頂標識が三本も立っている。西側には丹沢の大室山、赤鞍ヶ岳、御正体山のの向こうに富士山が少し顔を出している。

下山は大明神へ向かった。最初は緩やかに下り、篠原へ下る道を見送る。道は急な坂となり小さなピークを上下する。左は木々の間から富士山が見え隠れするが、右は檜の植林で展望はない。

同じようなコブを4つ越えると大明神山と、その少し向こうに大明神展望台がある。大明神山のベンチで昼食を摂り、展望台では富士山展望が良く、眼下には相模湖が見えた。

展望台から急な小尾根をジグザグに下ると沢に出る。沢に沿って下ると林道に出る。林道を右にキャンプ場を見てさらに行くと車道に出る。(渡し舟の看板あり)車道を右に下ると又、渡し舟の看板がある。その先を右折し石老山の標識を頼りに進む。

山にかかる頃一軒の家があり、そこを左折し直ぐに右に上がる農道がある。少し行き林道を横切り、石老山の標識に従い山道、林道を経由して民家が点在している所に出る。舗装路に突き当たったら右に行き、すこし行って左折すると朝の病院前の道に出る。登山者用の駐車場は一杯であった。

帰宅も同じ道(道志道)を帰り、途中「道の駅どうし」(道の駅どうしウェブサイトより)で休憩し、山中湖、須山、十里木経由で帰宅した。
天候 晴れ
同行者 夫婦登山
行程
相模湖病院登山口出発 8:05
顕鏡寺 8:20
融合平見晴台 8:55〜9:00
石老山山頂 9:35〜9:55
大明神山 10:35〜10:50
大明神展望台 10:55〜11:05
相模湖病院登山口着 12:25

登山道中の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
朝、山中湖にて 石老山標識を右折 相模湖病院駐車場 登山者用駐車場(左側) 石畳の登山道 大岩の間をぬって登る
sl sl sl sl sl sl
顕鏡寺手前の階段 顕鏡寺山門 六地蔵 岩窟の前を左に行く 鳥居をくぐると登山道 桜山展望台からの展望
登山道 右に登る 融合平より相模湖を望む 歩き易い登山道 凍っている登山道 石老山山頂手前
sl sl sl sl sl sl
御正体山/富士山 大室山/赤鞍ヶ岳 山頂で記念撮影 大明神山への道 大明神山 大明神展望台
sl sl sl sl sl sl
展望台より相模湖 展望台より富士山 下山道 林道に出て下る 林道に雪が少しある 車道に出て右に行く
sl sl sl sl sl sl
民家の角を右折 石老山の標識を左折 農道を右に登る 林道を横切る 石老山の標識通り進む 林道に出て左折する
sl sl sl sl sl sl
林道をショートカットする 林道に出て左折する 突き当りを右に行く 左に行く 右折して朝の道を行く 大明神展望台からパノラマ