箱根
屏風山


登山日 2016−10−21(金 今年の春箱根の三国山へ登ったとき、芦ノ湖の右手方向にそびえている山が気になった。地図で調べると屏風山と記載されていて、登りたくなる名前の山である。今日は屏風山を箱根町から山頂を目指し、甘酒茶屋に下り箱根旧街道の石畳を戻るコースを歩いてきた。

箱根町園地駐車場から国道1号線車道を元箱根方面に進み、箱根関所入口前の民家の塀の横から屏風山ハイキングコースに入った(入口は分り難い)
最初は歩き易い道が少し行くと、木の丸太の急勾配の階段になる。階段の高さも歩幅と合わなく、しかも急登のきつい登りである。急登も短時間で終わり、やがて登山道は緩やかになり屏風山山頂に到着した。

屏風山山頂は展望が無く、記念撮影をして早々に甘酒茶屋を目指した。屏風山からの下りは登りほど急ではない。車の音が聞こえてくると車道は近い。県道732号線車道に出て湯本方面に少し行くと甘酒茶屋に到着した。ここで名物の甘酒をを飲み小休止した。

出発は甘酒茶屋裏の歩道を上り、県道732号線車道を横断して石だたみの箱根旧街道に入る。展望広場、休息広場などに寄り道して権現坂を下った。杉並木の車道の上の木橋を渡り、狭い道を下って行き曹洞宗興福院の横を通り、元箱根朱色の大きな鳥居の横に出た。

ここから賽の河原を見て、湖畔を恩賜公園前を通り箱根関所跡まで行き資料館と関所を見た。みやげもの屋で饅頭を食べ駐車場に戻ってきた。
天候 晴れ
同行者 夫婦
行程
箱根町園地駐車場発 9:35
登山道入口 9:45
屏風山 10:40〜10:45
甘酒茶屋 11:20〜11:40
箱根旧街道入口 11:55
元箱根車道への出口 12:45
箱根関所・資料館観光 13:00〜14:00
箱根町園地駐車場着 14:10

ハイキング道の写真 写真をクリックすると大きくなります
紅葉し始めた箱根町
園地駐車場
この駐車場は芦ノ湖
遊覧船の発着場
ビクトリーと奥は
ロワイヤルUである
国道1号線を
元箱根方面へ行く
箱根関所跡入口の
前の民家の横が
登山口である
民家の脇を行く なだらかな歩き
易い道である
竹のトンネルを
抜ける
石の階段から急登
が始まる
屏風山まで30分
の標識
歩きやすい道で
ある
段差の高い歩き難い
急登である
木の根の張り出した
道である
急登が終ると歩き
易い道になる
屏風山山頂は近い 屏風山山頂は道が
少し広くなっていて
道の途中と言う感じ
甘酒茶屋への
下山は登りほど
急ではない
甘酒茶屋の標識
通り下る
橋を渡り県道732
号線にぶつかる
県道732号線を
右に行くと直ぐに
甘酒茶屋がある
貫禄がある茅葺き
屋根の甘酒茶屋
甘酒茶屋の謂れ 歴史を感じさせる
甘酒茶屋の内部
1杯400円の甘酒
甘さ控えめで
美味しかった
須雲川自然探勝
歩道の案内図
甘酒茶屋の裏から
箱根旧街道への
道が続いている
右の石畳道へ入る 県道732号線を
横断し箱根旧街道
に入る
箱根旧街道に入る 箱根旧街道の解説 立派な石だたみ
の道を上る
展望広場から
上二子山を望む
石だたみの解説 さらに石だたみを
上る
休息広場に寄る 休息広場から
下二子山を望む
「箱根八里は馬でも
越すが越すに越さ
れぬ大井川」の碑
車道を横切る 再び車道を横切る
権現坂は湯本から
登ってきて一息つく
場所だったようだ
権現坂の鳥居 狭い道を行くと車道
の上に掛かる木橋
がある
杉並木歩道橋を
渡る
車道と平行に行き
又山道を下る
下った所に曹洞宗
興福院と言う
お寺がある
箱根を象徴する
赤い鳥居と賽の
河原がある
賽の河原石仏・石塔 賽の河原の謂れ
駒ケ岳を望む 芦ノ湖遊覧船と
後方は三国山
恩賜箱根公園散策 箱根八里の歌碑 箱根八里の解説 箱根関所資料館入口
海賊船パーサ 箱根関所入口 箱根関所の建物 関所内部を人形による再現 関所を出て国道
1号線を右折し
駐車場に戻る

花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
ゲンノショウコ ミヤコワスレ マムシグサの実 ? ノハラ
アザミ
?
ナギナタ
コウジュ
オヤマ
リンドウ