谷川連峰
谷川岳

登山日 2004-07-31(土)

日本百名山でもあり上越の国境にそびえる谷川岳に登った。

ロッククライミングのメッカとして穂高・剱岳と並び称される、一の倉沢が有名です。

登山道の登山は谷川岳ロープウエイを利用し、天神平から登るのが一般的です。

朝、富士の自宅を2時に出発し東名高速―環状八号線―関越自動車道を走り、水上ICで下りロープウエイの土合口駅を目指した。有料駐車場1階に駐車し登山準備をし、エレベーターで地上に出た。

ロープウエイの改札口は大阪からの団体登山者で一杯。その後ろに並びロープウエイに乗った。

ロープウエイを下りたら霧と小雨の最悪の天候だ。合羽を着てさらにリフトに乗り、天神峠で下りて登山開始。

少し下り気味に歩いていくと、大阪の団体と会った。天神平から歩いてきたようだ。リフトに乗っても時間的には変わらない。


滑りやすい木道の敷かれた尾根道を緩やかに登る。避難小屋を過ぎたあたりから傾斜が強まるが、登山道の両脇は低木となり、
ガスっていなかったら視界が良いだろう。やがてガレ場を過ぎ、天狗の溜まり場と呼ばれる岩場に出る。ここから肩の小屋まで急登が続く。

小屋を左に見て登ると、トマの耳、さらに東側が断崖となった稜線を進むと、谷川岳の最高点オキの耳に着く。

頂上は大阪の団体で賑わっていた。帰りは往路を戻る。

ロープウェイ下りた後、絶景で有名な一ノ倉沢を見に行った。噂にたがわず迫力のある沢であった。

天候 雨のち曇り
同行者 夫婦登山
行程
谷川岳ロープウエイ駐車場着  7:00
ロープウエイ〜リフト天神峠着  7:35
天神峠発  7:40
天狗の溜まり場  9:00
ざんげ岩  9:30
肩の小屋  9:45
トマの耳  10:00-10:25
オキの耳  10:45-10:55
肩の小屋  11:20
避難小屋  12:20
天神平着  13:15
ロープウエイ〜駐車場着  13:45

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
駐車場からロープウエイ駅へ 谷川岳ロープウエイ駅 案内板 ロープウエイ改札風景 霧の中のリフト
sl sl sl sl sl
霧の中の登山道 二俣分岐(直進) クサリ場 登山道
sl sl sl sl sl
天狗の留まり場 肩の小屋 谷川岳山頂(トマの耳) 頂上は人で賑わっている
sl sl sl sl sl
オキの耳山頂 ガスっているので慎重に歩く ロープウェイ(天神平) リフト
sl sl sl sl sl
ロープウェイ下り マチガ沢/駐車場 一ノ倉沢駐車場 一ノ倉沢案内 一ノ倉沢

花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
ムシカリ ネバリノギラン アカモノの実 ヤマハハコ タカネコウリンカ
sl sl sl
シラネニンジン アキノキリンソウ ミヤマシャジン ウスユキソウ オオカサモチ
sl sl sl sl sl
シモツケ 濡れそぼったアジサイ ホツツジ コキンレイカ アズマギク
sl sl sl sl sl
クルマユリ ハクサンフウロ オオバギボウシ エゾシオガマ ヤマアジサイ
sl sl sl sl sl
オオカニコウモリ ヨツバヒヨドリ ベニカンゾウ タマガワホトトギス ソバナ