群馬
赤城山

登山日 2004-08-01(日)

上毛三山の1つである群馬県の赤城山に登った。

国定忠治でおなじみの赤城山である。大沼湖畔に赤城山の最高峰である黒檜山への登山口がある。駐車場は道幅が太くなっており5台〜6台駐車可能である。(7時30分着)

ミズナラ林の登山道を登って行くと、しだいに傾斜が強まり、南側の視界の開けた尾根に上がる。眼下に大沼が薄く見えた。尾根をさらに登ると、赤城山の最高峰である黒檜山と駒ヶ岳を結ぶ稜線に出る。北に折れるとまもなく黒檜山の頂上に着く。

頂上はそこそこの広さである。景色はガスっていて良く見えなかった。花は時期の花が数株咲いていた。

帰りは往路を登山口まで戻る。ここは時間が許せば駒ヶ岳をまわり、駐車場まで湖畔歩きがお勧めのコースである。

帰りに富士見温泉見晴の湯入浴。ふれあい館農産物直売所にて「とうもろこし」狩りをした。10本500円。

帰宅は関越自動車道渋川伊香保ICより入り、藤岡JCT経由上信越自動車道佐久ICからR141を須玉ICまで走る。ここから中央自動車道に入り甲府南ICを出て、精進湖、朝霧高原を経て帰宅した。

上信越自動車道横川SAからの妙義山が良かった。1度は登りたい山である。

天候 曇り
同行者 夫婦
行程
黒檜山北登山口発  7:45
黒檜山着(くろびさん)  9:05〜9:20
黒檜山北登山口着 10:25
関越・上信越佐久IC
経由自宅着
13:00〜18:00

写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
道路脇の駐車場 登山口 ガスってる登山道 ギボウシ
sl sl sl sl sl
頂上直前の登山道 アザミ 黒檜山頂上 ツリガネニンジン
sl sl sl sl sl
ワレモコウ 下山道からの大沼 タマガワ
ホトトギス
湖畔から見た
黒檜山
横川SAからの妙義山