登山日 2006-09-11(日) 群馬県尾瀬沼北東部にある至仏山へ行ってきた。登山口の鳩待峠のゲートは朝5時に開くと聞いていたので、その時間に合わせて車を走らせた。鳩待峠駐車場の奥に駐車し、係員に駐車料金2500円支払った。登山準備をしていたら、雨がぽつぽつ来たので合羽を着て登山開始。

登山口は駐車場の北側にある。東に行くと山の鼻方面の道である。登山道はブナやダケカンバの樹林帯の中の木道を、緩やかに登っていく。歩き始めて30分ぐらいで視界が開いたが、ガスってて周囲の山は見えない。さらに歩き易い道を進むとやがてオヤマ沢に着く。森林限界を超え木道や階段をひと登りで小至仏山に着く。

そのころ時々視界が一瞬良くなり、小至仏山から至仏山への山稜が見えた。小至仏山からはハイマツ蛇紋岩が目立つ、滑りやすい道を進む。最後の岩々の間の道をぬうように登ると、至仏山頂上に立つ。周囲は時々ガスが切れ、一瞬遠くの山々が見えるがすぐガスってしまう。

下山は山ノ鼻へ下る。この道は非常に急な道で、しかも滑りやすい蛇紋岩であるので気を引き締めて下る。木道、階段、蛇紋岩といろいろあり、しかも水も湧き出て道が湿っており要注意の下山道である。中間地点でガスが時々晴れ、尾瀬ヶ原が見えた。今日は月曜日でもあり木道を歩く姿は見えない。うんざりするほど下り、足ががくがくになるころやっと山ノ鼻に到着。ここは結構人で賑わっていた。

小休止後鳩待峠まで木道を帰った。駐車場に着いて、帰宅の準備が終わったとたん、スコールのような雨が降り始め間一髪であった。

白沢の道の駅で入浴と食事を済ませて帰路についた。道の駅を16時40分出発し、自宅到着は20時40分であった。(4時間)
天候 雨時々曇り
同行者 夫婦
行程
鳩待峠発   5:50
オヤマ沢   7:10
小至仏山   8:00
至仏山   8:459:05
山の鼻  11:10
山の鼻発  11:25
鳩待峠着  12:30
鳩待峠出発  12:40

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
鳩待峠駐車場 登山道入口 歩き易い登山道
朝の景色 歩き易い登山道
sl sl sl sl sl
木道の登山道 木道の階段 ガスの中の木道 小湿原
sl sl sl sl sl
至仏山へ1.4km 笠ヶ岳分岐を直進 木道の階段 小至仏山手前の
登山道
小至仏山山頂
sl sl sl sl sl
眼下に雲海を望む 小至仏から
至仏山を望む
至仏山山頂 雲海に浮かぶ山 山の鼻へ下る木道
sl sl sl sl sl
岩と木道の下山道 滑り易い蛇紋岩
の下山道
下山道は相変わらず
ガスっている
ガスが晴れて尾瀬ヶ原
が見えてきた
尾瀬ヶ原
ズームアップ
sl sl sl sl sl
山の鼻へ下りて来た 尾瀬ヶ原 山の鼻分岐標識
(至仏山/尾瀬ヶ原方面)
鳩待峠への木道 鳩待峠到着

花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
ツリガネニンジン オヤマリンドウ イワショウブ
シラネニンジン
sl sl sl sl
ギボウシ オトギリソウ ホソバコゴメグサ チングルマの胞子 シロバナ
トウウチソウ
sl sl sl sl sl
ヒメシャジン ウメバチソウ キンロバイ ナンブ
トウウチソウ
ワレモコウ
sl
トリカブ シラネセンキュウ 終わりの
カワラナデシコ
終わりの
ミネウスユキソウ
キンコウカ