北アルプス
剱岳

登山日 2002-07-21(日)
〜22
(月)
1日目 7月21日(日)
登山する人にとって、あこがれの剱岳登山を数年前から計画しやっと実現した。登山コースは室堂を起点とした、一般的なコースをとった。
富士を朝2時に出発し、扇沢駐車場に5時30分に到着。トロリーバス、ケーブルカー、ロープウエイ、トロリーバスを乗り継いで室堂に9時15分到着。室堂ターミナルは登山者、観光客で賑っている。

登山開始。整備された遊歩道をミクリガ池を見て雷鳥平に向かう。雷鳥沢キャンプ場を過ぎて、本格的な雪渓の登りになる。我慢して登ると、別山乗越に立つ剱御前小舎に着く。ここで昼食を摂り、体力が回復してから剣沢キャンプ場を目指して下る。キャンプ場はテントが並んでおり、剱岳の人気のあることが良く分かる。
剣沢小屋を右に見て、さらに進むと本日の宿泊所である剣山荘に到着。(泊)

2日目 7月22日(月)
夜明けとともに山頂を目指して登山開始。
一服剣までは剣山荘から約30分位の行程で、軽い足慣らしといった所ですが、そこから眺める前剣は急峻な登りとスケールの大きい山で、見る者に恐怖と不安を抱かせる迫力がある。

ここが剱岳との錯角をもつ。しかし、そこはあくまでも前剣で本峰はその奥に隠れている。一服剣より前剣に登っていくと、恐怖感と緊張が次第に高まってくる。

前剣を過ぎると、このあたりからクサリ場が出てきて、登山道はいよいよ厳しさを増す。平蔵谷を足元に見てクサリ場を下がり、平蔵のコルを過ぎると登りの最も難関な「カニの縦バイ」となる。慎重に且つ大胆に登らねば通過できない。登る危険より上からの落石の方がより危険である。やがて稜線上に上がり、岩場を登れば剱岳山頂に着く。

頂上はあいにくガスっており展望は良くないが、憧れの山を登頂した満足感と感激を味わった。

下山は気を引き締めて下ろう。基本的にはピストン登山であるが、クサリ場の難所は一部下り専用のルートとなる。いわゆる「カニの横バイ」である。慎重に下り前剣、一服剣と往路を戻り剣山荘に帰ってきた。

一服してから本日の宿泊予定の、立山の内蔵助山荘を目指して剣御前小舎に向かう。小屋から登山道を左に取り、別山、内蔵助山荘を目指す。内蔵助山荘で宿泊手続きを済ませ、本日の予定終了。
天候 晴れ
同行者 夫婦登山
行程(1日目・7月21日)
室堂ターミナル発  9:20 
雷鳥平  9:40
雷鳥沢野営場 10:00
剣御前小屋着 11:40
剣御前小屋出発 12:10
剣沢キャンプ場着 12:45
剣沢キャンプ場 13:10
剣山荘着  14:10(宿泊)
行程(2日目・7月22日)
剣山荘出発  4:45
一服剣  5:10
前剣  6:00
剱岳山頂  7:35−7:55
一服剣 10:00
剣山荘着 10:20
剣山荘出発 11:00
剣御前小屋着 12:45
剣御前小屋出発  12:55
別山  13:30
内蔵助山荘  14:35(宿泊)

登山道の写真 クリックすると大きな写真が見られます 
sl sl sl sl sl
扇沢トロリーバス発着所 トロリーバス時刻表 黒部ダム 鳴沢岳/赤沢岳 賑わう室堂平
sl sl sl sl sl
立山玉殿の湧水 立山 ミクリガ池 みくりが池温泉 立山
sl sl sl sl sl
雷鳥荘 雪渓を登る 雷鳥 遠くに剣御前小舎 剣御前小舎
sl sl sl sl sl
剱岳をバックに 一服剣を目指して 迫力のある剱岳 五竜岳/鹿島槍ヶ岳/爺ヶ岳 鎖場は慎重に!
sl sl sl sl sl
鎖場は落石注意と3点確保で慎重に 剱岳山頂 前剣の下山 五竜岳/鹿島槍ヶ岳
sl sl sl sl sl
鹿島槍ヶ岳 剣山荘 八ツ峰の一角 剣山荘から別山乗越への道 白馬岳方面

花の写真 クリックすると大きな写真が見られます 
sl sl sl sl sl
イワカガミ アカモノの花 ツガザクラ ミヤマキンバイ シナノキンバイ
sl sl sl sl sl
クルマユリ イワツメクサ ハクサンフウロ タテヤマリンドウ チングルマ
sl sl sl sl sl
ハクサンイチゲ コバイケイソウ ショウジョウバカマ タカネヤハズハハコ キバナノコマノツメ
sl sl sl sl sl
イワベンケイ ミヤマオダマキ ヨツバシオガマ ハクサンボウフウ ミネズオウ

HOME