戸隠連峰
高妻山

登山日 2007-06-10(日)

長野県戸隠の奥にそびえている高妻山へ登った。地図の行程時間を見ても、長丁場の大変な山である事が分かる。

足の弱い私どもにとっては、一年中で一番日の長い6月に、しかも朝早く登山開始が最低条件である。前日に戸隠に入り、カメラポイントで有名な鏡池で、戸隠山が池に映る姿を写真に撮った。

本日は車中泊である。夜中に星空が見えたので今日は天候が良いと思いつつ、もう一眠りして起きたら空はどんより曇っており、今にも雨が降りそうな気配である。でも行くしかないと、車を登山口の戸隠牧場へ走らせた。戸隠キャンプ場入口を左に入り、右折して少し行くと戸隠牧場に突き当たる。牧場の土産物屋の手前に登山者用の駐車場がある。

既に一組(夫婦)が朝食を摂っていた。その夫婦も昨年雪のため途中で断念したそうだ。今日は絶対行かねばと張切っておりました。支度をして登山開始。管理棟で登山届を提出し、牧場の登山道に入った。しばらく牧場の中の道を牛を見ながら歩く。やがて草地も終わり、道は樹林帯へと入っていく。

樹林帯の中を少し行き、小さな沢を何回か渡り返すと、道はしだいに急になってくる。沢が右に分かれる所を左に行くと、滑滝の鎖場となる。岩に足場が掘ってありそれほど危なくない。沢を少し離れ左を上っていくと、不動の滝が前方に見えてくる。ここから帯岩を水平に右に行く。滑り易いので鎖を確実に握り、3点確保を守る。沢の中を歩いていくと最後の水場、氷清水で水を補給。ここから急登を登り終えると、一不動の非難小屋に到着。

登山道を右に取り、これから五地蔵に向かって気を引き締めて歩き始める。二釈迦、三文殊、四普賢を通り五地蔵に到着。ここから最後の長丁場の登りが待ち構えている。六弥勒、七観音、八薬師、九勢至とピークを下って登り返し、最後の登りは急斜面を直登なのできつい。しかも雪が残っており解け初めの柔らかい雪で、足が埋まってしまい歩きにくい。我慢して登ると稜線に出た。ここからは平らな道を行き、頂上直下は大きな岩の上を行く。そこに十阿弥陀が奉ってあった。頂上は狭く15人ぐらいで一杯になってしまう。あいにく頂上は曇っており、見晴らしは悪かった。登山者もぞくぞく上ってくるし、帰りの道中も長いので、そうそうに引き返した。

下山は五地蔵の手前に戸隠牧場まで下りる道が、開通されていたので(地図には無い)そこを下った。まだ新しい道で踏み跡が少ないので、切り株、笹の根で滑り易いが沢を下るより良い。出口は牧場の農道に出るので、右に行くと朝の登山道へぶつかる。駐車場へ着いたときは全身がだるく相当疲れた。今まで登った山の中でも、五本の指に入るキツイ登山であった。

花はシラネアオイが印象に残った。
でも前日の雨、本日の曇りで花は大きく開いていないのが少し残念だ。


帰りに戸隠中社にお参りして帰宅。

天候 曇り
同行者 夫婦登山
行程
戸隠牧場発 4:50
滑滝 5:50
帯岩 6:05
氷清水 6:15
一不動 6:40
二釈迦 6:55
三文殊 7:05
五地蔵 7:45
六弥勒 7:55
七観音 8:05
八薬師 8:40
十阿弥陀 10:10
高妻山着 10:15
高妻山発 10:50
戸隠牧場への尾根道分岐 12:40
戸隠牧場着 14:50

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
戸隠牧場駐車場 登山出発 牧場入口 牧場の中を行く
sl sl sl sl sl
登山道に入る 沢を登る 滑滝の鎖 幕岩の鎖 一杯清水
sl sl sl sl sl
一不動非難小屋 二釈迦 三文珠 眼下に戸隠牧場 登山道からの高妻山
sl sl sl sl sl
登山道に咲くシラネアオイ 五地蔵山頂 六弥勒 雪の残る登山道 七観音
sl sl sl sl sl
八薬師 十阿弥陀 高妻山山頂(狭い山頂) 山頂記念撮影 新しい下山道を下る

花の写真
 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
コイワカガミ スミレ サンカヨウ エンレイソウ シラネアオイ
sl sl sl sl sl
ミツバオウレン シロバナエンレイソウ ショウジョバカマ ヤマザクラ イワナシ
sl sl sl sl sl
ヒメイチゲ ツバメオモト ミヤマシキミ ギンラン ラショウモンカズラ



戸隠・鏡池



戸隠・中社参道