谷川連峰
  平標山
  仙の倉山


登山日 2012−06−30(土) 新潟県南魚沼市湯沢町と群馬県利根郡みなかみ町にまたがる仙の倉山、平標山に登って来た。新潟の家内の山友から情報を得て、新潟地方は空梅雨との情報を得て急遽、決行した。

関越自動車道のサービスエリアで仮眠し、朝早く平標山登山口駐車場(駐車料500円)に到着した。すでに駐車場には20台ぐらい駐車している。

トイレの横に登山道があり、登山届けを提出して登山開始。少し行くと林道に出る。ここを横切り直進する。平坦な薄暗い道を行くと一旦林道(岩魚沢林道)に出る。舗装路はやがて砂利道になり、緩やかに上っている。車止めのゲートの脇を通り、さらに行くと左に平標山登山口がある。(平元新道)

階段状の登山道である。単調でキツイ上りの道をひたすら登る。登山道の脇には、マイズルソウ、ベニサラサドウダン、ツクバネソウ、イワハゼなどが咲いている。うんざりした頃
「平標山の家」に到着した。冷たい水が大変美味しかった。

ここから平標山、仙の倉山が見える。ここからの登山道は木の階段が続く。花はゴゼンタチバナ、ウラジロヨウラク、イワイチョウ、ツマトリソウ、終わりかけのイワカガミが咲いている。前方に平標山を見ながら登って行き、人の声が聞こえるようになると平標山山頂である。山頂はそれほど広くないが、展望がよくガスの合間に四方の山々が見えた。

仙の倉山へはやはり木の階段を下って行く。少し下るとロープで高山植物を保護しているお花畑がある。道の両脇にハクサンイチゲ、ハクサンコザクラ、チングルマ、ミヤマキンバイ、ヨツバシオガマなどが咲き乱れていて見事であった。

道は一旦下るがだんだん登りになり、仙の倉山の直前の木の階段を登り切ると仙の倉山山頂である。頂上は平標山同様それほど広くないが、四方の山々が良く見えた。小休止後平標山まで戻った。山を守るボランティアの方から、紅葉の押し花をしたシオリを頂いた。

ここからは松手山経由で下山する。登山道は
快適な尾根歩きから急なガレた道を下り、その後道は平坦になり松手山に到着。

そこを元橋駐車場方面の標識に従い左に道をとる。登山道は急な下りで注意して下る。鉄塔を過ぎて又、急な道を下る。足ががくがくする頃、やっと林道に出て駐車場に戻ってきた。下山道にもウラジロヨウラク、イワハゼ、ハクサンチドリなどが咲いていた。

下山後、越後湯沢温泉日帰り温泉施設「宿場の湯」にて入浴、食事をして休憩後帰宅。
天候 晴れ
同行者 夫婦登山
行程
平標山登山口発 5:20
平元新道登山口 6:25
平標山の家 7:45〜7:55
平標山 8:55〜9:15
仙の倉山 10:15〜10:25
平標山 11:25〜11:40
松手山 12:55
鉄塔 13:25
平標山登山口着 14:20

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
平標山登山口駐車場入口 平標山登山口駐車場 平標山登山口 林道横切り直進 薄暗い登山道
sl sl sl sl sl
林道に出たら左折 林道車止めの脇を抜ける 平標山登山道入口 木の階段状の登山道
sl sl sl sl sl
仙の倉山 平標山乃家 平標山 木の階状の登山道
sl sl sl sl sl
頂上直下より登山道を振り返る 平標山頂上 仙の倉山への登山道 仙の倉山への途中の景色
sl sl sl sl sl
仙の倉山への木の階段 仙の倉山への木道 仙の倉山へ登山道 仙の倉山への木の階段 仙の倉山頂上
sl sl sl sl sl
仙の倉山から平標山へ戻る道 松手山への下山道 緩やかな下山道
sl sl sl sl
松手山への下山道 松手山 分岐を左へ 下山道 下山口林道を左へ 頂いたしおり
仙の倉山登山道から見た平標山方面
平標山から見た仙の倉山方面
平標山頂上

花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
ヤグルマソウ ヒメジョン トチバニンジン タニウツギ サワハコベ
sl sl sl sl sl
エンレイソウ ユキザサ ツクバネソウ ベニサラサドウダン
sl sl sl sl sl
ウラジロヨウラク イワイチョウ アカモノ ワタスゲ
sl sl sl sl sl
ツルリンドウ イワカガミ ハクサンイチゲ
sl sl sl sl sl
ハクサンイチゲ/ミヤマキンバイ ミヤマキンバイ ツマトリソウ チングルマ
sl sl sl sl sl
マイズルソウ ハクサンコザクラ オノエラン カラマツソウ
sl sl sl sl sl
ゴゼンタチバナ ゴゼンタチバナ ウラジロナナカマド ヤマツツジ ノアザミ
sl sl sl sl
ハクサンチドリ ヨツバシオガマ ホウチャクソウ コケイラン