愛媛
 石鎚山

sl

登山日 2012−05−31(木)

四国の名峰、古<から信仰の山として親しまれてきた石鎚山に登ってきた。前日剣山下山後、石鎚スカイラインを長沼ダムより入り土小屋へ来た。「国民宿舎石鎚」宿泊。登山口の土小屋は広い駐車場と宿泊施設もあり、春から秋にかけての土・日曜はハイカーでにぎわっているそうだ。

この土小屋コースの外、表参道としてロープウェイも利用できる成就社コースがよ<知られているが、堂ヶ森からの縦走や、面河渓からのコースなど個性豊かなコースもあるようだ。

朝、昨夜作ってもらった朝食のおにぎり持ち宿舎を出発した。登山口は宿舎の奥にあり5分弱で土小屋からの登山道と合流する。

登山道はほぼ平らな歩き易い道である。ところどころ少し登りになるが、それほどキツクない。ほどよい間隔でベンチがあり休憩にはちょうど良い。ベンチ2で朝食を摂った。ベンチ3を過ぎ
登山道は石鎚北面をゆるやかに二の鎖小屋まで登るが、ルンゼを4本横切るので、落石には充分注意して足早に通過した。

二の鎖小屋下で、成就社側の表参道と合流して、木製の急な階段を登った所が二の鎖小屋前で、すぐ上に長さ49mの大鉄鎖がある。混んでいるとき、雨のときは避けたほうが良い思った。今日は雨も降らず混んでいないので鎖を登ることにした。鎖を登らないときは鉄板造りの桟道の迂回路がある。鎖の途中にイワカガミが咲いていた。(最後と思う)
二の鎖を終え三の鎖に取り付いたが、結構厳しい鎖場であった。三の鎖を登りきるとそこは石鎚山頂上(弥山)である。

石鎚神社、頂上小屋が建っている。あいにくのガスで周りの景色は見えない。神社にお参りをして少し休憩してから天狗岳に向かった。向かい途中一瞬ガスが晴れて天狗岳が見えた。

天狗岳へは短い鎖を使って少し下り、やせ尾根を注意しながらゆるやかな登りを15分で最高峰天狗岳(1982m)へ立つことができた。あいかわらずガスっていて周りが見えない中を弥山まで戻った。

下山は鎖の迂回路経由二の鎖の合流地迄下り、そこから往路を「国民宿石鎚」まで戻る。花はミツバツツジ、カタバミ、スミレ、ヤマザクラエンレイソウ、マイズルソウ、ヤマシャクヤク、ナツトウダイ等が咲いていた。

下山後、金比羅さんを目指し石鎚スカイラインから、33号線経由松山自動車道善通寺ICを出る。金比羅は本宮に参拝し、ホテル泊。

6/1はホテルを出て栗林公園、高松城、屋島寺、鳴門の渦潮を観光後帰路に着いた。

天候 曇りのち晴れ
同行者 夫婦登山
行程
「国民宿舎石鎚」発 5:20
ベンチ1 5:50
ベンチ2(朝食) 6:05〜6:15
ベンチ3 6:35
成就社からの合流地 (二の鎖) 7:05〜7:10
二の鎖終わり 7:30
三の鎖取り付き 7:35
石鎚山(弥山) 8:00〜8:20
天狗岳 8:35
石鎚山(弥山) 8:55〜9:00
成就社からの合流地 (二の鎖) 9:25
ベンチ3 9:55
ベンチ2 10:15
ベンチ1 10:30
「国民宿舎石鎚」着 10:55

石鎚山登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl sl
国民宿舎石鎚 登山口 登山道 ベンチ1 登山道 ベンチ2
sl sl sl sl sl sl sl
ベンチ3 石仏 石鎚山まで1.0km 登山道 成就社登山道合流 二の鎖入口 二の鎖
sl sl sl sl sl sl sl
二の鎖 三の鎖
sl sl sl sl sl sl sl
三の鎖 石鎚神社 石鎚山山頂 石鎚山山頂石仏 石鎚神社頂上山荘 ガスってる天狗岳
sl sl sl sl sl sl sl
天狗岳への岩道 天狗岳山頂 下山は捲き道を下る 団体とすれ違う 下山道 下山道からの石鎚山
sl sl sl
石鎚神社土小屋遥拝殿 石鎚スカイラインより御来光の滝 石鎚スカイラインより石鎚山

石鎚山花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
ニガイチゴ シハイスミレ コヨウラクツツジ ヒメミヤマスミレ マイズルソウ ツルギミツバツツジ
sl sl sl sl sl sl sl
ナツトウダイ ワチガイソウ オオカメノキ シコクハタザオ イワカガミ アケボノツツジ
sl sl sl sl sl sl sl
イシヅチザクラ エンレイソウ 花名不明 コマガタケスグリ ヤマシャクヤク タチツボスミレ ショウジョバカマ

登山以外の観光スナップ 写真をクリックすると大きくなります
金比羅 sl sl sl sl sl sl sl
表参道の階段登り口 参道土産物屋通り 表参道と鳥居 旭社 神楽殿 御本宮 讃岐平野の眺望
屋島寺 sl sl sl sl sl sl sl
屋島寺の由来 四国霊場第84番 本堂 七福神 蓑山大明神 屋島寺境内 源平屋島古戦場
栗林公園 sl sl sl sl sl sl sl
駐車場 栗林公園入場門 鶴亀松 ぼたん石と見返り獅子 飛来峰からの眺望 紫雲山 涵翠池(かんすいいけ)
高松城 sl sl sl sl sl sl sl
玉藻公園入口 水量の多いお堀 高松城跡の解説 立派な石垣 高松城をバックに 堀側から見た高松城 披雲閣
鳴門の渦潮 sl sl sl sl sl sl sl
遊覧船 渦潮に向かう途中 鳴門の渦潮 遊覧船からの展望 ステキな遊覧船

HOME