上北山村
大台ヶ原


登山日 2012−08−02(木) 奈良県の大台ケ原へ行ってきました。大台ヶ原はシカが群れ遊ぶ山上の楽園とも言われ、最高峰の日出ヶ岳からは熊野灘や大峰連山のパノラマ展望が楽しめると案内に書いてある。又、日本有数の多雨地帯で年間4800mmを超す雨量は美しい樹林を育てる基盤をつくり、一帯には豊富な植物が見られるようだ。東大台と西大台の2つの周遊コースがあるが、今日は東大台コースを歩く。西大台は事前許可が必要である。

国道169号線から「大台ケ原ドライブウェイ」に入り、走ること約50分「大台ケ原ビジターセンター」前の大駐車場に着きました。

朝から雨模様の天候のためカッパを着て登山開始した。大台荘の横か
ら登山道に入り、平らな歩きやすい道を日出ヶ岳に向かう。斜面を登
り詰めると鞍部に出る。ここは道を左に取り、階段を10分ほど急登すれ
ば日出ヶ岳の山頂に到達する。展望台ではあいにくのガスで景色は全然見えない。天気が良いと熊野灘が見えるそうだ。


元の鞍部へと戻り、木道を登りきると正木嶺である。木道をしばらく行くと正木ヶ原に出る。道は緩やかに下って尾鷲辻に出ると、駐車場からの道に合流する。ここをまっすぐ行くと牛石ヶ原に着く。神武天皇の銅像や魔物を封じ込めたという伝説の牛石や御手洗池がある。

道はこのあとコース最大の見どころ大蛇ーへ続く。大蛇ーの展望台までは岩稜を通る。今日は雨で濡れているので注意して歩く。春にはシャクナゲとアケボノツツジが咲いて綺麗だそうだ。

岩頭に立つと目もくらむほどの太絶壁だそうだが、今日はガスっていて何も見えないので怖くなかった。分岐に戻り朝食を摂る。その後シャクナゲの木が茂る岩混じりの坂道を下ってシオカラ谷に出る。吊橋を渡り階段道を登り返せば大台山ノ家への広い道に出て、左へ歩き駐車場に戻った。

駐車場につくころは天気も回復し青空も見えた。花はあまり咲いていない。ミヤマママコナ、ヤマアジサイ、オトギリソウなどが咲いていた。

下山後、道の駅
「吉野路上北山」「上北山温泉薬師湯」にて入浴道の駅にて車中泊。
天候 雨のち晴れ
同行者 夫婦登山
行程
ビジターセンター駐車場出発 7:45
日出ヶ岳 8:25〜8:35
正木ヶ原 9:10
尾鷲辻 9:25
牛石ヶ原 9:40
大蛇ー 10:00〜10:15
分岐 10:25〜10:35(朝食)
シオカラ谷吊橋 11:15
ビジターセンター駐車場着 12:00

大台ケ原の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
大台ケ原駐車場 日出ヶ岳登山口 登山道 鹿の柵
sl sl sl sl sl
登山道 展望三叉路を左へ 木道の階段 日出ヶ岳手前の階段 日出ヶ岳展望台
sl sl sl sl sl
木道の登山道を下る 雨でぬかるんだ道 木道の登山道 休憩所
sl sl sl sl sl
正木ヶ原 オトギリソウ 尾鷲辻付近 セイタカスギゴケ 牛石ヶ原
sl sl sl sl sl
神武天皇像 大蛇ーへの入口 ミヤマママコナ 大蛇ー 大蛇ーの先端
sl sl sl sl sl
シオカラ谷への下り道 シオカラ谷 シオカラ谷吊橋
sl sl sl sl sl
ヤマアジサイ 駐車場への登り道 駐車場が近い
sl sl sl sl sl
晴れた駐車場 トモエソウ 大台ケ原ドライブウェイから見た景色

大台ケ原の案内板の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
森の小鳥たち 日出ヶ山上より西を望む 日出ヶ山上より東を望む 日本屈指の豪雨の山 海が見える
sl sl sl sl sl
森の動物たち 昔はこのような森でした シカのコミュニケーション ツツジ ツクシシャクナゲ

HOME