大峰山系
大峰山

sl

登山日 2012−08−03(金) 奈良県の大峰山系の弥山、八経ヶ岳に登って来ました。2〜3年前から行きたいと思っていた山で、今年やっと念願がかないました。

行者還トンネル西口からスタートする定番コースで登って来ました。行者還トンネル西口の駐車スペースには、すでに数台駐車していました。準備も整い登山スタート。

登山口はトンネルの西口駐車場手前から、右の道に入り約300mほど平坦な道が続き、横には川も流れていて小さな橋を渡ります。

そして、第一の難所とも言える序盤戦のスタート。ここから「奥駈道出会」まで距離は700mほどですが、標高差350mを登ります。しかも、足元が悪く、岩がゴロゴロ、木の根が階段状で1m近い段差、そして急勾配で景色もなし。耐える1時間でした。

やっとの事で登り切ると「奥駈道出会」です。この後は、「大峯奥駈道」を歩くことになります。ここからはアップダウンの少ない道が続くので楽でした。登山道より遊歩道の感覚。景色はほとんど望めませんが、途中開けた場所があり、そこから「弥山」、「八経ヶ岳」が見えました。

それからしばらく歩くと、「聖宝ノ宿跡」に到着します。いよいよ、キツイ登りが始まります。ここから標高差300m強を登ります。この1時間も結構ツライです。そして、整備された木道を何とか登り切ると「弥山小屋」に到着します。

弥山の頂上は、小屋の横の鳥居をくぐり200mほど行った所にあり、天河弁才天の奥宮を祀る社があります。弥山からは正面に八経ヶ岳が立ちはだかって見えます。

ここからは一度下って上ります。立ち枯れした木もありかなり森林破壊が進んでいるようでした。鹿よけ柵を通り、急勾配を少し登ると八経ヶ岳頂上に到着します。生憎のガスで展望は無かったです。


下山は往路を戻るピストン登山でした。花は八経ヶ岳に向かう途中、最後の一輪「オオヤマレンゲ」が咲いていました。他にヤマジノホトトギス、ミヤマママコナ、ヤマアジサイ等が咲いていました。

下山後、道の駅「吉野路上北山」にある上北山温泉薬師湯に入浴した。入浴後、尾鷲市経由で海沿いを本日の宿泊地伊勢市に向かう。
天候 晴れ
同行者 夫婦登山
行程
トンネル西口登山口出発 5:35
駈道出会 6:45
弁天ノ森 7:15
聖宝ノ宿跡 7:50
弥山小 9:00〜9:27
弥山頂上 9:30
八経ヶ岳頂上 10:00〜1010
弥山小屋 10:40〜10:50
聖宝ノ宿跡 11:30
弁天ノ森 12:05
駈道出会 12:30
トンネル西口登山口着 13:25

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
行者還トンネル西口駐車場 登山口 登山道 沢を渡る橋 木の根の登山道
sl sl sl sl sl
荒れた登山道 駈道出会 登山道からの景色 駈道出会〜弁天の森登山道
sl sl sl sl sl
登山道 弥山/八経ヶ岳 登山道 弁天の森
sl sl sl sl sl
聖宝ノ宿跡 聖宝宿跡から弥山への登山道 登山道からの景色
sl sl sl sl sl
木の階段登山道 登山道からの景色 弥山小屋直下の階段 弥山小屋へ到着 弥山小屋
sl sl sl sl sl
弥山小屋前の標識 弥山山頂への登山道 弥山山頂神社
sl sl sl sl sl
八経ヶ岳への登山道 動物除けの柵をくぐる ガレた登山道 八経ヶ岳山頂直下
sl sl sl sl sl
八経ヶ岳山頂 山頂付近の枯れた木 八経ヶ岳から見た弥山 八経ヶ岳からの景色 登山道に蛙
sl
駐車場脇の滝

花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
ヤマジノホトトギス コナスビ ミヤマタニソバ ミツバコンロンソウ カラマツソウ
sl sl sl sl sl
イワオトギリ アキノキリンソウ ニガナ オオヤマレンゲの種 オオヤマレンゲ
sl sl sl sl sl
カニコウモリ ヤマクルマバナ コバギボウシ ハクサンオミナエシ ヤマアジサイ
sl sl
ヤマジオウ ミヤマママコナ
sl
タカネアオヤギソウ

HOME