津軽
岩木山

登山日 2013−10−05(土) 青森県の津軽を代表する岩木山に登ってきた。静岡を夜半に出発し東名高速、首都高速、東北自動車道と車を走らせ、大鰐弘前ICを出て弘前市に入った。ホテルに入るには未だ時間があるので、弘前城りんご園を観光後チェックイン。

朝食後、岩木山登山口へ出発。「津軽・岩木スカイライン」のゲートに7時40分到着した。すでに3台待っていた。係員が8時開門のところ10分前に開けてくれたので、通行料を払い一路八合目駐車場に向けて走る。駐車場についたらすでに数台の車、登山者がリックをしょってうろうろしている。聞いたところ夕方上ってきて、そのままここで車中泊したとのこと。

登山口はリフト乗り場の左横にある。今日は天気が良くリフトの軌道、岩木山が良く見える。登山口の階段を登りすぐに岩がゴロゴロした道となる。低木の中を登っていくと、30分強で右からリフト山頂駅からの道と合流する。

ここは道を左に取り右に巻きながら行くと、眼下の山すその紅葉が素晴らしい。道は岩の間を行き、さらにガレた道を登っていき、しばらく行くと鳳鳴ヒュッテが左に現れる。遭難防止の鐘があり登山者が鳴らしている。

ここから道は岩ゴロゴロの急な登りとなる。落石に注意しながら、登りは「右登り」の看板に従い登っていく。一旦平坦な道になり又、岩ゴロゴロの急登を登る。ナナカマドの実が赤く色づいており美しい。頂上は岩だらけであるが避難小屋、岩木山神社奥宮、多分視界が悪いとき鳴らすだろう「鐘」がある。

頂上からの景色が素晴らしく、八甲田山、小泊岬、その向こうにうっすらと北海道が見えた。山頂で九州から来た人から、九州の山情報を聞いたりして情報交換した。

下山は往路を下るが、浮石が多いので落石させぬよう注意しながら下る。八合目からのリフトも運転開始したので、登山者が続々登ってくる。駐車場は車が一杯になっていた。

下山後、麓の嶽温泉にて入浴(500円)乳白色の温泉であった。その後、世界遺産の白神山地の一部でもある、ミニ白神へ行きコースを散策した。多少世界遺産の白神山地の雰囲気に触れた。散策後、明日の登山予定の北八甲田山の登山基地である酸ヶ湯温泉へ向かった。
天候 晴れ
同行者 夫婦登山
行程
八合目登山口出発 7:15
リフト分岐点 7:45
鳳鳴ヒュッテ 8:00
岩木山頂上着 8:15
岩木山頂上発 10:00
八合目登山口着 10:55

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
8合目登山口駐車場 登山口は階段を上る 岩ゴロゴロの登山道 リフト山頂駅からの道合流 ガレた道を巻いていく
sl sl sl sl sl
階段状の登山道 岩の間をぬって登る ガレた急な登り道が見える 大倉石 鳳鳴ヒュッテの横を行く
sl sl sl sl sl
鳳鳴ヒュッテの由来 岩ごろごろを登る 眼下にヒュッテとリフト駅 登りは右登り 一旦平らな道になる
sl sl sl sl sl
再び岩ゴロゴロの道 岩木山山頂直下 岩木山神社奥宮からの八甲田山 避難小屋 岩木山山頂の鐘
sl sl sl sl sl
小泊岬/うっすらと北海道 山すその紅葉 下山時大勢の登山者と会う 一面の紅葉
山頂からのパノラマ(左に遠く見えるのが八甲田山)

花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
ナナカマドの実 ヘビイチゴ アザミ ユキザサの実 ツクバネソウの実
sl sl sl sl sl
マムシグサの実 サラシナショウマ トリカブト トチバニンジンの実 コウゾリナ



写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
弘前城外濠 追手門 二の丸未申櫓 弘前城天守閣 城内からの岩木山
sl sl sl sl sl
弘前ねぶた リンゴ園 リンゴ園からの岩木山 紫波SAからの岩手山



写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
ミニ白神案内図 遊歩道入口 トチバニンジンの実 サラシナショウマ ツクバネソウの実
sl sl sl sl sl
オクモミジハグマ ユキザサの実 遊歩道 トリカブト 遊歩道

HOME