足助町
香嵐渓



散策日 2017−03−30(木) 愛知県豊田市足助町の香嵐渓に、カタクリの花を見に行った。香嵐渓は秋の紅葉でも有名なところである。自宅を8時に出て新富士IC〜新城ICを出て、一般道を設楽経由で足助町に入った。西町2駐車場の道を隔てた民間の駐車場に駐車した。(300円)

早速。香嵐渓入口から上り始めた。太子堂がありその辺りからカタクリの群生が始まる。写真を撮りながら上っていくと、分岐がありそこを飯盛山山頂に向かう。ここから山頂まではカタクリの花はない。

山頂は東屋が建っている。小学生の団体が昼食を摂っていた。帰りは同じ道を下り、分岐を右に行く。ここから下まで又、カタクリの群生が始まる。

駐車場に戻り一服してから、足助町の町並み散策及び足の神様の足助神社をお参りし、本日の宿泊地豊橋へ向かった。
天候 晴れ
同行者 夫婦
行程
足助駐車場到着 10:40
香嵐渓散策 1時間50分
足助の町並み散策 40分
足助神社お参り 30分
足助町出発 13:40

香嵐渓(飯盛山.・かたくり)の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
カタクリの群生地が
ある香嵐渓/飯盛山。
西町2駐車場の奥に
飯盛山上り口がある。
延命地蔵と6地蔵の横
を上る。
キクザキイチゲ 太子堂
sl sl sl sl sl
カタクリの解説。 〜カタクリ〜
sl sl sl sl sl
カタクリ 飯盛山への道。 イノシシ防護柵を開けて入る。 タチツボスミレ
sl sl sl sl sl
カンスゲ 最後の上り。 頂上手前の平坦地。 飯盛山山頂。東屋が
ある。
ニリンソウ

足助町並みの写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
足助の町並み。 お天王はんの祠。 お天王はんの謂れ。 普光寺おびんずるさん
普光寺おびんずるさん
の謂れ。
sl sl sl sl sl
春の野草
タンポポ
馬頭観音像。 馬頭観音の謂れ。 タチツボスミレ 春の野草
ヒメオドリコソウ
sl sl sl sl sl
春の野草
オオイヌノフグリ
春の野草
ホトケノザ
足助八幡宮入口。 神馬の像。 足助八幡宮御本殿。