足尾山地
皇海山

登山日 2006-10-15(日) 日光中禅寺湖の南西に位置する皇海山に登るため前泊地を5時に出発し、セブンイレブンで朝食、昼食を購入し、皇海橋登山口へ車を走らせる。

R120号線を日光方面に向かって走り、吹き割の滝の手前の信号を右折し、千歳橋を渡る。

右手に利根町振興局を見て少し進み、二股の分かれ道を右に行く。坂道を登る途中を左折する。その道をどんどん登って行き、皇海山方面の標識を右折する。農道に近い狭い道を少し行くと、ここにも皇海山方面の標識があり、右折して栗原川林道に入る。

この林道は悪路で、距離も長いことで有名である。登山のときは利根町振興局へ問合せてから出かけた方が良い。

林道は予想通り悪路で乗用車では腹をこする可能性がある。なによりも心配なのは落石と鋭く尖った石が落ちており、タイヤのパンクが一番心配である。道も狭くすれ違いが出来ず、どちらかが待避所らしき、少し広いところまでバックしなければならない。冷や汗をかきながら皇海橋まで、1時間かかって到着。2度と走りたくない道である。

皇海橋は手前に駐車場とトイレ、向こう側にも駐車スペースがある。20台は駐車できそうだ。登山準備をして、登山開始。

皇海橋を渡りすぐ左の林道を登る。林道の途中に登山道が左にある。登山道は不動沢を数回渡り、中間点を過ぎたあたりから、沢の中を歩き沢を出ると不動沢のコルまで急登である。

コルからも山頂まで急登であり、登り甲斐のある山である。でも行程が時間的に短いので、その分楽である。山頂は見晴らしが悪く、木々の間から周りの山を見なければならないし、山頂も狭い。花は無い。紅葉はカラ松林のカラマツ林の黄色が多い。

下山は登った道をピストンで帰る。百名山だけあり、下山途中で大勢の登山者とすれ違った。登山口に戻ってびっくり、車が所狭しと一杯であった。

林道の帰りも慎重に、緊張しながら運転し林道を抜けた時はホッとした。
天候 晴れ
同行者 夫婦
行程
皇海橋登山口発   7:00
不動沢のコル   8:30
皇海山   9:259:50
不動沢のコル  10:25
中間点標識  11:05
皇海橋登山口着  11:55


写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
道中に生っている
たわわなりんご
右折 右折 皇海橋駐車場 トイレから見た
駐車状況
sl sl sl sl sl
皇海橋を渡る 皇海山登山道案内図 皇海橋を渡ったら
左に入る
登山道入口標識を
左に入る
狭いが歩き易い登山道
sl sl sl sl sl
笹の登山道 眼下に沢を見ながら
登る
笹の登山道 不動沢を渡る 中間点標識である
sl sl sl sl sl
水の無い石ごろの
沢の登山道
石は少なくなったが
滑り易い
沢の登山道
不動沢コルを左に行く 不動沢コルから
鋸山展望
笹の登山道
sl sl sl sl sl
石ごろの荒れてる
登山道
登山道から山並み
展望
わりと広い皇海山頂上 皇海山頂上にて 紅葉
sl sl sl sl sl
下山道から山並み
展望
紅葉が始まっている 清流 沢を渡ると駐車場
は近い
淡い紅葉
sl sl sl
ここにも駐車している 登山口の立派な
トイレ
駐車場に戻ってきた