新潟
角田山


登山日 2014-04-12(土) 新潟市の知人から日本海(越後七浦海岸)の景観、春にはカタクリ、雪割草(オオミスミソウ)が咲いて素晴らしいと聞き、新潟市の巻地区にある角田山に登ってきた。

新潟市内に前泊し、朝七つの登山道の中でもっとも景色の良い、灯台コースから登るため角田岬に車を走らせた。駐車場は角田浜海水浴場に停める。すでに大勢の登山者で賑わっていた。

登山口は福助茶屋の脇を通り、判官舟かくしトンネルを左に見て進むと、コンクリートの階段がある。階段を上がると角田岬灯台に出る。灯台の横を進むと道は登山道となり、丸太の土留めの階段状の道を登る。眼下には越後七浦海岸を望むことができ、素晴らしい景観で七コース中随一のようだ。

登山道はやせ尾根のアップダウンからなり、階段状、岩場と変化に富んでいる。登山道が歩きやすくなる頃から、お目当てのカタクリ、雪割草(オオミスミソウ)、キクザキイチリンソウ等が咲いている。とくにカタクリは道の両斜面に群生して咲いている。

浜浦コース分岐を左に取り歩き易い道を行き、最後は木の階段となり登り切ると角田山山頂に到着した。山頂は広く登山者が大勢昼食を摂っている。七コースあるのでいろいろな所から、登山者が湧いてくる感じである。

昼食後、往路を引き返す。下山も登り同様、花の写真を撮りながら下った。海岸が見える頃になると、風が強く尾根上を慎重に下った。

新潟市内に戻り、白山公園の満開の桜見物をした。
天候 晴れ
同行者 夫婦
行程
角田岬登山口発  8:40
浜浦コース分岐 10:25
角田山山頂 10:45〜11:20
角田岬登山口着 12:50

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
角田浜駐車場 駐車場より灯台方面
に行く
判官舟かくし
トンネル
海に向かって階段を
下りる
海辺の階段登山口 階段の登山道
sl sl sl sl sl sl
眼下に角田浜を
見下ろす
階段の登山道 角田岬灯台 急坂の階段状の
登山道
眼下の景観が
素晴らしい
やせ尾根の登山道
を越えていく
sl sl sl sl sl sl
やせ尾根の登山道
を越えていく
ガレた登山道 振り返ると登って
きた道が見える
階段状の登山道 眼下に角田浜
駐車場を望む
カタクリの群生して
いる登山道
sl sl sl sl sl sl
〜カタクリの群生している登山道〜 笹の中の歩き易い
登山道
浜浦コース
分岐を左へ
三望小屋を見て
進む
道は少し下りになる
sl sl sl sl sl sl
広く歩き易い道
である
木道の上り道 山頂に到着 角田山山頂にて
賑わっている広い角田山山頂
sl sl sl sl sl sl
団体の後に続いて
下山する
三望小屋横を通過 分岐を右へ 下山道にて 滑り易い下山道を
慎重に下る
階段を下ると
駐車場である

花の写真 写真をクリックすると大きくなります 
トキワイカリソウ ヒメアオキ イチリンソウ エンレイソウ カタクリ カタクリ
トキワイカリソウ ヒメアオキ イチリンソウ エンレイソウ カタクリ
キクザキイチリンソウ キクザキイチリンソウ オオミスミソウ オオミスミソウ キケブシ ヤブツバキ
キクザキイチリンソウ〜 オオミスミソウ キケブシ ヤブツバキ
ミチノクエンゴグサ スミレサイシン オオタチツボスミレ ナガハノスミレ ショウジョウバカマ ショウジョウバカマ
ミチノク
エンゴサク
スミレサイシン オオタチツボ
スミレ
ナガハノスミレ 〜ショウジョウバカマ〜

新潟市・白山公園

写真をクリックすると大きくなります
白山神社鳥居 ひょうたん池 公園桜並木 公園桜並木 公園桜並木 公園桜並木
公園から見た信濃川/新潟市街のパノラマ