魚沼
浅草岳

登山日 2014−06−28(土) ヒメサユリが綺麗な福島県只見町と新潟県魚沼市の境界に位置し、多くの登山者で賑わう越後の名峰浅草岳に登ってきた。

ネズモチ平には平成15年8月に大駐車場(100台)が整備され、これより桜曽根までの林道は車両進入禁止になったようだ。駐車場に前日夕方入り車中泊。

朝天気は良いが入梅の最中であるので、いつ天気が崩れるか分らないので早めに出発した。登山届けをポストに入れ、林道ゲートの脇を抜け舗装路を浅草岳登山口に向かう。10分程で広場に着く。ここ左に登山道に入る。直進すると桜曽根登山口に至る。

登山道は岩とぬかるみの道で滑りやすい。道はそれほど急坂でないが、沢を通り過ぎてから岩混じりの急登となる。ブナの原生林の中を我慢して登って行くと、潅木と竹やぶとなりそこを抜け明るくなると前岳である


ここで桜曽根からの登山道と、鬼ヶ面からの縦走路とが合流する分岐点である。ここを左折し雪渓を注意しながら登り切ると、木道が整備されており、浅草岳の山頂が前方に見える。この頃からお目当てのヒメサユリが咲いている。本道が終わりひと登りで浅草岳山頂に着く。

山頂からは平ヶ岳、会津駒ヶ岳、燧ヶ岳などが見え、足元には田子倉湖、鬼ヶ面の岩壁、背後には守門岳と、素晴らしい展望と紹介にあるが守門岳は良く見えた。生憎の空模様で越後三山がガスの中、うっすらと見えただけであった。

下山は前岳分岐を桜曽根方面に向かう。木道から雪渓を横切りガレ場を抜け嘉平与ボッチに着く。ここから雑木林の中をひたすら下る。これから登る人たちに沢山出会った。しばらくすると桜曽根の広場に出る。右に向かって林道を下ると、今朝の登山口を通過し、ネズモチ平駐車場に戻ってきた。


花はヒメサユリの他、ミツバオウレン、ツクバネソウ、ウラジロヨウラク、シラネアオイ、イワショウブ等が咲いていた。

天候 晴れ
同行者 夫婦
行程
ネズモチ平駐車場発   5:00
登山口通過   5:10
沢の渡渉   5:30
前岳分岐   7:20
浅草岳山頂 7:40〜7:50
前岳分岐   8:10
嘉平与ポッチ   8:40
桜曽根   9:45
登山口通過 10:10
ネズモチ平駐車場着 10:20

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
登山前日の浅草岳 ネズモチ平駐車場 林道入口
(ゲート脇)
林道を行く 登山道は左へ入る 登山道入口
sl sl sl sl sl sl
滑り易い登山道
を登る
少し歩き易くなった
登山道
石ゴロゴロの歩き難い登山道 ロープにつかまって
登る
sl sl sl sl sl sl
登山道から守門岳
が見える
振り返って山並み
展望
狭いが歩き易い
登山道
石ゴロゴロの
登山道
前岳分岐を左へ 雪渓を登る
sl sl sl sl sl sl
雪渓を横切る 雪渓が終ると木道 振り返ると雪渓
が見える
木道の登山道 湿原・地塘 湿原から守門岳
を望む
sl sl sl sl sl sl
遠くに山並み 山頂手前 岩の浅草岳山頂 浅草岳山頂にて
ガスっている
越後三山
雪渓を横切る
sl sl sl sl sl sl
雪渓を横切る 雪渓から木道に入る 木道を下る 木道の脇に
ヒメサユリ
嘉平与ボッチ手前
のガレ場
嘉平与ボッチ
sl sl sl sl sl sl
桜曽根への滑りやすい下山道 眼下に駐車場が
見える
木道の下山道 皇太子様ご
成婚記念の鐘
桜曽根広場
sl sl sl
駐車場を目指して
林道を下る
朝の登山口に出た 駐車場に戻った

花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
駐車場に咲く
ホウノキ
ミヤマイワニガナ トリガタ
ハンショウヅル
ギンリョウソウ オオバノ
ヨツバムグラ
ベニサラサ
ドウダン
sl sl sl sl sl sl
ウラジロヨウラク イワカガミ ヒメサユリ イワイチョウ シラネアオイ
sl sl sl sl sl sl
コウジオウレン ゴゼンタチバナ アカモノ ミドリユキザサ ツクバネソウ ヒメアオキ
sl sl sl sl sl sl
ホウチャクソウ エンレイソウ ミヤマツボスミレ シオデ カタクリの実 ミツバオウレン
sl sl sl sl sl sl
ハリブキ ワタスゲ ツマトリソウ ミズキ オニアザミ タニウツギ
sl sl sl sl sl sl
ショウジョウ
バカマ
カンスゲ オオバキスミレ チゴユリ アカミノイヌツゲ サンカヨウ
sl sl sl sl sl sl
雌株の
フキノトウ
スダヤクシュ ツバメオモト キソチドリ マイズルソウ ?