八王子
高尾山


登山日 2012−11−28(水) 一度は行きたいと思っていた東京の八王子にある高尾山に行って来た。高尾山は、東京近郊の行楽地として有名であるが、元来は修験道の霊場であり、現在は真言宗智山派大本山高尾山薬王院有喜寺の寺域となっていると説明されている。

朝、富士の自宅を出発し、富士五湖の河口湖ICから大月JCTを経て中央自動車道に入り、八王子JCTから圏央道に入り高尾山ICを出る。国道20号線を京王高尾線の高尾山口駅のそばにある、市営高尾山麓駐車場(八王子市公式ホームページに掲載)に車を走らせた。駐車場はあと2〜3台で満杯、滑り込みセーフだった。(1日1000円)

登山準備して登山開始。京王高尾線高尾山口駅を右に見て遊歩道を進むと、紅葉が素晴らしいもみじの木がある。少し行くとケーブルカーの発着駅清滝駅に到着。朝早いので乗客は少なくそれほど混んでいない。ケーブルカーに乗る人と、登山道を歩く人と半々ぐらいである。

私たちは上りを6号路、下りを稲荷山コースと決めていたので、駅の横の6号路に入った。(11/1〜12/2上りの一方通行)初めは車道を歩き途中から左の登山道に入った。

岩屋大師を右に見て少し行くと琵琶滝分岐に出る。ここを右に行き琵琶滝を見て分岐まで引き返す。分岐を左に行き沢に沿って道は徐々に急になり、大山橋で左岸に渡る。稲荷山コースへの道を左に見て直進する。沢沿いに上り、右の小尾根に取り付き直登する。

道は階段状の急登で一汗かく頃、平なベンチがあるところに着く。ここは左から5号路、右から3号路が交差する地点である。ここは直進しトイレのある角を左に行き、舗装路を登り切ると高尾山山頂である。

朝早いので山頂はそれほど混んでいなかった。生憎の雲で富士山は見えない。頂上のもみじの紅葉が綺麗だった。山頂で休んでいると登山者が徐々に増え、下山の頃にはだいぶ賑わってきた。

下山は稲荷山コースを下った。平日にもかかわらず登山者が多く、あらためて人気の山であると感じた。カーブルカーの清滝駅は乗車を並んで待っている人で溢れていた。駐車場は市営駐車場以外の駐車場も満杯で、待ち車が並んでいた。

帰りは行きと同じ道を引き返した。(圏央道-中央道-朝霧高原-自宅)
天候 晴れ
同行者 夫婦
行程
市営駐車場出発  8:15
琵琶滝  8:40
大山橋  9:05
稲荷山コース分岐  9:25
5号路3号路合流地  9:40
高尾山着  9:50
高尾山出発 10:30
市営駐車場着 11:45
 
写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
市営高尾山麓駐車場 ケーブルカー
清滝駅へ
清滝駅へ行く途中
の紅葉
清滝駅 清滝駅前の碑
sl sl sl sl sl
6号路を登山開始
緩い上り 期間一方通行 びわ滝は右
高尾山は左へ
岩屋大師
sl sl sl sl sl
びわ滝 びわ滝の由来 木の根が張出した道 歩き易い道になった 登山道の紅葉
sl sl sl sl sl
硯岩 高尾山頂迄
1.3kmの休憩所
大山橋 稲荷山コース分岐
を直進
とび石
sl sl sl sl sl
階段状の急登 階段を登りきった所 山頂への舗装路 朝早いので閑散としている山頂
sl sl sl sl sl
山頂ベンチ 大見晴園地
生憎富士山は見えない
紅葉前にて 鮮やかな紅葉 山頂記念撮影
sl sl sl sl sl
〜稲荷山コースを下山〜 広い道を下る 広い道が続く
sl sl sl sl sl
景色 団体さん 旭稲荷 黄葉 ケーブルカー乗客
で賑わい