栃木
那須岳

登山日 2010-09-26〔日〕 栃木の名峰那須岳に登ってきた。那須に前泊し朝、峠の茶屋より登った。峠の茶屋駐車場は、早朝にもかかわらず7分目の入りであった。登山準備して早速登山開始。天気は快晴で気持ち良い山行きである。

登山道は火山礫で緩やかに峰の茶屋まで登っている。左に茶臼岳、正面に朝日岳の岩峰を見ながら登り詰めると峰の茶屋に到着。ここから道を右にとり朝日岳に向かう。剣が峰の東側を巻くようにして行き、鎖のある岩場を通過する。注意すれば危険はない。やがてガレ場を直登して朝日岳の西肩〔分岐〕に出る。ここから朝日岳を往復する。朝日岳からは茶臼岳が一望できる。

分岐に戻り三本槍岳を目指す。小さな峰を超え隠居倉分岐を右に行き、前方に三本槍岳が見え清水平を目指して登山道を下る。下りきった所が清水平である。木道を行きハイマツと灌木が混じる緩やかな道を登り、シャクナゲが群生している道を下る。そして最後の上りを登り切ると三本槍岳の頂上に到着。

帰りは来た道を峰の茶屋まで戻り、一休みして茶臼岳を目指す。ザラザラした砂礫の斜面を登っていく。やがて那須ロープウエイから来た人たちと合流し、少し登ると鳥居がありそこをくぐると茶臼岳頂上である。石の小さな祠がある。

下りは頂上から火口の北を回り、白煙を上げる噴煙口の近くを通り、合流地点から来た道を峰の茶屋まで下る。峰の茶屋からは朝来た道を下り、登山口の峠の茶屋駐車場に帰ってきた。今日は那須にもう一泊し、明日日光中禅寺湖経由で帰宅する予定である。
天候 快晴
同行者 夫婦
行程
峠の茶屋発 6:50
峰の茶屋 7:35
朝日岳分岐 8:10
朝日岳 8:25
隠居倉分岐 8:45
清水平 9:10
三本槍岳 9:50−10:05
清水平 10:40
朝日岳分岐 11:15
峰の茶屋 11:50−11:55
茶臼岳 12:40−12:45
峰の茶屋 13:20−13:30
峠の茶屋着 14:00

那須岳登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
峠の茶屋駐車場 那須ロープウエイ
が見える
駐車場脇の登山口 峰の茶屋への
登山道入口
石ごろの登山道
(遠くに茶臼岳)
登山道は小さい石が
あり避けて登る
sl sl sl sl sl sl
遠くに峰の茶屋が
見えてきた
だんだん峰の茶屋が
大きくなってきた
右側に剣ヶ峰/朝日岳
を見ながら登る
間もなく峰の茶屋
に着く
峰の茶屋に到着した
朝日岳は右に行く
これから登る朝日岳
sl sl sl sl sl sl
岩ゴロゴロの登山道 登山道を振り返る 振り返ると遠くに
茶臼岳が見える
足元に気を付けて
クサリ場を通過する
隠居倉を望む
(三斗小屋温泉
方面)
朝日岳への登り
sl sl sl sl sl sl
岩ごつごつの
朝日岳山頂
朝日岳山頂にて 三斗小屋への道 朝日岳分岐から
茶臼岳を望む
清水平湿原の木道 これから登る
三本槍
sl sl sl sl sl sl
三本槍への登山道 歩き易い三本槍
への登山道
北温泉分岐標識 歩き易い登山道 階段状の登山道 ナナカマドの間を
行く歩き易い登山道
sl sl sl sl sl sl
広く平らな
三本槍山頂
三本槍山頂にて 復路から朝日岳
茶臼岳を望む
朝日岳分岐に戻る 賑わう朝日岳分岐 朝日岳分岐から
の下山道を注意
して下る
sl sl sl sl sl sl
朝日岳分岐から
の下山道を注意
して下る
眼下に那須高原 峰の茶屋へ
岩ごつごつの道
を戻る
茶臼岳分岐(左へ) 茶臼岳を目指し
岩ゴロゴロの登山道
を登る
だんだん急になる
茶臼岳への登山道
sl sl sl sl sl sl
ロープウエイから
来た登山者が見える
ここまで登ると
茶臼岳山頂は近い
茶臼岳山頂直下 茶臼岳の鳥居を
くぐる
大きな岩の中の
茶臼岳山頂
茶臼岳山頂にて
sl sl sl sl sl sl
遠くに三本槍岳
朝日岳を望む
お釜周回下山道 白煙の茶臼岳噴煙口 大きな岩を避けて
下山する
眼下に那須高原 峰の茶屋が見えてきた
(茶屋から往路を下る)

花の写真
 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
ゴマナ アキノキリンソウ ナナカマド オヤマリンドウ ミヤマシャジンの
結実前
sl sl sl sl
コケモモ ガンコウラン ツルツゲ タカネイブキボウフウ



写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
二荒山神社 男体山表登山口 ガスっている中禅寺湖
sl sl sl sl
竜頭の滝 戦場ヶ原の景観